TOP 第1弾 第2弾 第3弾coming soon
海事産業を応援!船員支援キャンペーン

船舶向け
無料記事配信

キャンペーン!

#船員さんを応援しよう
無料配信期間
202083日(月)~20213

第2弾 船舶向け無料記事配信
キャンペーンについて

日本海事新聞は本来の海の日(7/20)から、コロナ禍で過酷な状況に置かれている船員の皆さまを支援するキャンペーンを展開中です。キャンペーン第2弾は、専門メディアとして情報提供の側面から支援。twitterアカウント「日本海事新聞写真部」などで募集中のハッシュタグ“#船員さんを応援しよう”に寄せられた応援メッセージも掲載、元気も届けます。

どんな情報が
配信されるの?

日本海事新聞の記事本文

横断的なコロナ関連情報、海事業界のDX最新トピックスから、業界各社の人事まで幅広くフォローする日本海事新聞の記事を、船員さん向けに無料で配信します。

日本海事新聞の英文記事

海事業界のニュース・オピニオンを外国人船員と共有し、日々のコミュニケーションツールとして活用いただけます。

海事電子版アプリを
船員さん向けに無料開放!

アプリが使用可能な通信環境にある場合、
該当船舶向けの無料IDを発行します。

そして!

twitterのハッシュタグ
#船員さんを応援しよう
寄せられた応援メッセージもお届けします。

なぜ、いま
テキストメール?

海上での通信環境に左右されないテキストメールは、緊急時の情報発信に最適です。日本海事新聞は、一隻でも多くの船舶、ひとりでも多くの船員に記事をお届けするため、テキストメールで最新ニュースを無料で配信します。
また、さまざまな国籍・ルーツを持つ船員が安全運航という共通の目的のもとで働く船内で、コミュニケーションツールのひとつとしてご利用いただくために、英文記事も配信します。

お申込み方法と対象者

申込対象の方
船主、船舶管理会社、海務担当者、船員管理・労務担当者さまなど
申込方法
下記申込フォームより必要情報をご記入ください。
無料配信の対象か審査後、弊社からご連絡をさせていただきます。

一緒に応援しよう!
あなたのメッセージを
船舶に届けます!

業界の最新情報とともに業界内外からの応援メッセージを本船に届けることが、船員の皆さんの力になると日本海事新聞は考えています。また、船員の状況についてtwitterを通して広く世間に認知してもらい、多くの応援の力を集めていくことを目指します。

twitterメッセージの応募方法

ハッシュタグ“#船員さんを応援しよう”で応援メッセージを募集し、乗船中の船員に届けます。船員からの返信があればtwitterおよび紙面で随時紹介予定です。

ハッシュタグ
#船員さんを応援しよう
今すぐ応援メッセージを
Twitterに投稿しよう!

日本海事新聞写真部
Twitter「@kaijiphoto」

船員支援
キャンペーンとは?

日本海事新聞がいま、できること...

コロナ禍でも食料品をはじめとする物資が手に入るのは、海運・港湾など海事・物流事業者のおかげです。島国である日本は貿易量の99.7%を外航海運に依存しています。海運には船を動かす船員の存在が欠かせません。

現在(6月末時点)、世界の海上には約120万人の船員がいますが、コロナ禍の影響で通常の乗船期間を大きく超える海上勤務を余儀なくされています。乗船期間が1年を超え始めたケースもあり、世界貿易の混乱や海難事故の増加なども起こりかねません。

海事・物流事業に従事される方を応援するため、
そして厳しい状況下で船を動かす船員を支援するため、
3つのキャンペーンを行います。

また、広く一般にこの問題を啓発するため、
関連記事250本以上を無料公開中です。

他の船員支援キャンペーンをみる

第1弾
日本海事新聞写真部
海事産業応援フォトコン
作品展開催
詳細をみる
第3弾
ボランティア&寄付金
募集のご案内
船員支援団体MTS/Sea Sundayについて
詳細をみる

海事電子版で
MariTechのリアルがわかる。

海事業界各社と6大商社共同出資のMariTech企業、
マリンネットに資本参加した唯一の業界紙です。
日本海事新聞で最強の情報武装を。

App Store Google Play Alexa
お陰様で海事電子版ローンチ1周年
無料公開中の記事を見る