船員支援
キャンペーンとは?

日本海事新聞がいま、できること...

コロナ禍でも食料品をはじめとする物資が手に入るのは、海運・港湾など海事・物流事業者のおかげです。島国である日本は貿易量の99.7%を外航海運に依存しています。海運には船を動かす船員の存在が欠かせません。

現在(6月末時点)、世界の海上には約120万人の船員がいますが、コロナ禍の影響で通常の乗船期間を大きく超える海上勤務を余儀なくされています。乗船期間が1年を超え始めたケースもあり、世界貿易の混乱や海難事故の増加なども起こりかねません。

海事・物流事業に従事される方を応援するため、
そして厳しい状況下で船を動かす船員を支援するため、
3つのキャンペーンを行います。

3つの船員支援キャンペーン

また、広く一般にこの問題を啓発するため、
関連記事250本以上を無料公開中です。

海事電子版で
MariTechのリアルがわかる。

海事業界各社と6大商社共同出資のMariTech企業、
マリンネットに資本参加した唯一の業界紙です。
日本海事新聞で最強の情報武装を。

App Store Google Play Alexa
無料公開中の記事を見る