社長挨拶/企業理念

社長挨拶

 「なぜ私たちは変わらなければならないのでしょうか」

 ニューヨークタイムズは2017年1月に発表した社内レポート「Journalism that stands apart(孤高を保つジャーナリズム)、THE REPORT OF THE 2020 GROUP」の中でこう問いかけます。11年に既に電子版の有料化に成功した同社でさえ、「私たちの野望を実現できるニュースルームを支えるだけのデジタルビジネスはまだ構築されていない」と厳しく指摘しています。

 日本海事新聞は海運・物流業界を中心とした専門紙ではありますが、デジタル化を進める上で専門紙という枠に縛られません。紙版で得た信頼をデジタルツールに生かして読者に届ける、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進することで日本のメディアで金字塔を打ち立てる、という意気込みを持っています。

 総合物流紙として、さらに日本の新聞メディアとして、紙版とともにデジタルツールを駆使することで当社は最適な情報を読者に提供していきます。

2020年6月
山本 裕史

企業理念

私たちは、専門メディアの諸活動を通じ

◆海事・海洋を軸とした総合物流産業の発展

◆海事・海洋文化の創造

◆真の海洋立国の実現

に貢献します。