Q&A

日本海事新聞電子版とはどのようなサービスですか?

日本海事新聞電子版(以下「海事電子版」)とは日本海事新聞社の公式サイト(www.jmd.co.jp)で提供する記事閲覧サービスです。

利用ご希望の場合は、会員登録手続きを行っていただいたうえで、当社から提供するIDとパスワードでログインする必要があります。

どんな内容ですか?

有料プランをご契約の方は、日本海事新聞の過去記事(98年8月以降)が全て検索できます(デイリー紙面と別刷り特集)。写真や表など付属情報も見ることができ、プリントも可能です。

無料会員の方は、一部制限サービスが利用できます。

検索はできますか?

はい。日本海事新聞の過去記事(98年8月以降)が検索できます。有料会員は全記事の本文を、無料会員は一部の記事の本文を読むことができます。

スマートフォンでの利用はできますか?

はい。スマートフォンでもご利用いただけます。スマートフォンでアクセスした場合は、スマートフォン専用のレイアウトで表示されるほか、表示メニューも多少異なります。また、Android,iPhone両タイプのアプリもご利用いただけます。

利用料金はいくら?

購読ご案内をご覧ください。

契約方法は?

新規のお客様

  • ご契約前に会員登録(無料)を行ってください。メールで送られてきたID/パスワードにてログイン後、マイページから有料プランのご契約が可能になります。

2019/7/15以前から紙版をご購読いただいている方

  • 追加料金なしで電子版もご利用になれる「Wプラン」に自動的にアップグレードされます。詳しくはこちらをご覧ください。

電話での契約手続きは可能ですか?

新規のお客様

  • すべてのプラン契約はウェブからとなります。疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

2019/7/15以前から紙版をご購読いただいている方

  • 紙版の部数変更のみお電話で承ります。

実際の利用者と異なる情報で会員登録しても良いですか?

利用規約により、登録および契約の際に入力された法人名に勤務する方が利用者の資格を有します。誠にお手数ですが、会員登録は規約に該当する方で、かつアカウント管理に責任が持てる方に行っていただくようご案内ください。

海外で日本海事新聞を購読していますが、海事電子版を利用できますか?

国内新聞の海外販売を行う代理店を通じて本紙をご購読中の場合、弊社ではお客様の情報を管理しておりません。ご購読者かどうかの確認ができないため、誠に恐れ入りますが海事電子版は利用できないことをご了承ください。ただし、国内で購入された本紙を独自の配送で海外に届けられているお客様の場合はこれに含みません。

海外にて海事電子版をご利用になりたい方は、ぜひ「海事電子版プラン」をご契約ください⇒購読ご案内。ただし、お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

一度にログインできる人数は?

新規のお客様

  • 1IDにつき、ご契約口数分の同時ログインが可能です。

2019/7/15以前から紙版をご購読いただいている方

  • 1IDにつき、1名様のみログインが可能です。IDは紙版のご購読部数と同じ数を取得できます。

IDやパスワードが誤って第三者に知られてしまった場合には?

海事電子版の会員ページからパスワードをご変更ください。第三者による不正利用を防ぐために、定期的な変更を推奨しています。

ログイン回数に制限は?

制限はございませんが、サービスの健全性を保つ観点から、ログイン回数は一定の基準を設けて管理しております。

記事の更新時刻は?

発行日の午前零時以降です。

プリントアウトはできますか?

はい。ただしプリントした記事を大量に複製、第三者に頒布、再販することは固く禁じます。

記事のURLを第三者に広めてもよいですか?(SNSでの拡散含め)

URLであれば可能です。

海事電子版の無料会員ですが、メルマガの配信を停止してもらえますか?

ウィークデーの毎日11時に配信しているメルマガは、ご自身の操作により停止可能です。マイページにログイン後、ページ中段にある「お知らせ □日本海事新聞社からのお知らせメールを受け取る」のチェックを外して「登録」してください。

記事に付属する紙面ビューとは何ですか? 何ができますか?

紙面ビューでは、広告・画像・表組みを含む紙面イメージをHTML5形式で閲覧いただけます。

特集記事は見られますか?

はい。記事はデイリー紙面も別刷り特集紙面も両方ご覧いただけます。