2022年04月19日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

35件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2022年04月19日 )

2022年04月19日デイリー版1面

水平線】災害対策の強化

 福島県沖地震で一部不通となっていた東北新幹線が先週14日、全線で運転を再開した。脱線事故で復旧まで約1カ月もかかり、人流面の被害は甚大だった。地震による東北新幹線の運休は昨年2月に続き2年連続。大雨…

2022年04月19日デイリー版2面

現代重G、受注堅調 足元8隻。コンテナ船など

 韓国造船最大手の現代重工業グループは、堅調に受注を続けている。足元でコンテナ船6隻、自動車船(PCTC)2隻の計8隻を確保した。自動車船はLNG(液化天然ガス)燃料型となる。グループの造船持ち…

2022年04月19日デイリー版2面

日本政府、アンモニア焚き指針策定を。MSC105に提案

 国土交通省海事局は18日、第105回海上安全委員会(MSC105)に日本政府がアンモニア燃料船の安全ガイドライン(指針)策定に向けた検討開始の提案を実施すると発表した。同指針の策定を通じ、アンモニア…

2022年04月19日デイリー版2面

日舶工、技術・研究成果を発信。「Sea Japan」で

 日本舶用工業会は、東京都江東区の東京ビッグサイトで20―22日に開かれる国際海事展「Sea Japan 2022」に参加する。従来と同様、国土交通省などの官庁や関連団体・企業などで構成する「S…

2022年04月19日デイリー版2面

新型コロナ】日本郵船、海外出張の制限緩和へ

 日本郵船は15日、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた勤務体制を発表した。18日以降も出社率50%程度以下を維持する。対象は日本郵船本店と支店勤務者。期間は18日から当面の間。最大週4日の在…

2022年04月19日デイリー版2面

ツネイシHD、TCFDに賛同表明。4つの視点で情報開示

 ツネイシホールディングス(HD)は18日、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言に今月賛同し、環境対応を加速するとともに適切な情報開示を推進すると発表した。「ガバナンス」「戦略」「リスク…

2022年04月19日デイリー版3面

PIL、バイオ燃料。コンテナ船に試験利用

 シンガポール船社パシフィック・インターナショナル・ラインズ(PIL)はこのほど、コンテナ船のエンジンにバイオ燃料を使用する実証実験を行ったと発表した。同実験では、バイオ燃料が実用可能かどうかを検証。…

2022年04月19日デイリー版3面

欧州当局、客室の貨物搭載終了へ。7月31日まで

 欧州航空安全機関(EASA)はこのほど、現在承認している旅客機の客室内を利用した貨物輸送について、7月31日に終了することを決めた。旅客便の復便に伴うベリー(貨物室)の利用増加などが背景にあるとみら…