1ヶ月間の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

33件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし )

2022年01月18日デイリー版1面

マースク、通期上方修正。EBITDA240億ドル

 デンマーク海運大手APモラー・マースクは14日、2021年12月期のEBITDA(金利・税引き・償却前利益)が240億ドル(約2兆7500億円)、EBIT(金利・税引き前利益)は198億ドルになりそ…

2022年01月18日デイリー版1面

インタビュー 今後の舵取り】鉄道建設・運輸施設整備支援機構理事長・河内隆氏。共有建造制度で船員確保

 国土交通省所管の独立行政法人で、鉄道建設や船舶の共有建造などを手掛ける鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構、本社・横浜市)。国内の内航貨物船、旅客船を対象にした船舶共有建造制度(2021年…

2022年01月18日デイリー版2面

古野電気3―11月期、経常益8%減。舶用事業は堅調

 古野電気が14日発表した2021年3―11月期連結決算は、経常利益が33億円で前年同期比8%減だった。産業用事業、無線LAN・ハンディーターミナル事業などが減収だったものの、舶用事業は堅調に推移した…

2022年01月18日デイリー版2面

新型コロナ】日本郵船、出社率50%以下に

 日本郵船は17日、同日から当面の期間の就労体制について、出社率50%以下を目安とし、最大週5日の在宅勤務を可能とすると発表した。対象は本店と支店勤務者。従来(昨年11月1日以降)は出社率70%以下、…

2022年01月18日デイリー版2面

商船三井、会社人事

 商船三井 (1月15日)エム・オー・エル・シップマネージメント(海上勤務船長)宮﨑洋介▽海上勤務船長(エム・オー・エル・シップマネージメント)野原佳朗…

2022年01月18日デイリー版3面

夢洲地区の物流懇談会、20日に第3回会合

 【関西】大阪港湾局と国土交通省近畿地方整備局は17日、2025年の大阪・関西万博に向けて会場となる夢洲地区の物流対策などを議論する「大阪港夢洲地区の物流に関する懇談会」の第3回会合を、20日にオンラ…