2021年12月14日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

36件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2021年12月14日 )

2021年12月14日デイリー版1面

米竜巻、穀物輸送への影響注視。鉄道・中小型BC

 10―11日に米国南部や中西部で発生した竜巻により、穀物の出荷、海上輸送を担う中小型バルカーのスポット用船市況への影響が注視される。米国産穀物は今回甚大な被害を受けた内陸部から鉄道で、海上輸送の要衝…

2021年12月14日デイリー版2面

日舶工、高速電力線通信で指針。船内のIoT化促進

 日本舶用工業会は、規制緩和に伴い高速電力線通信(PLC)が鋼船内で利用可能となったことを受け、ガイドラインを作成した。新造船・現存船でこれまでより安価、容易に船内ネットワークを構築できるため、船内の…

2021年12月14日デイリー版2面

地中海沿岸国、ECA指定で合意。来年IMOに提案

 地中海沿岸の22カ国がこのほど、トルコ・アンタルヤで会合を開き、同地域をSOⅹ(硫黄酸化物)規制の地域版であるECA(排出規制海域)に指定するよう、来年IMO(国際海事機関)に提案することを決めた。…

2021年12月14日デイリー版2面

大韓造船。LR2型2隻受注。イーストメド向け初成約

 韓国の大韓造船は、ギリシャ船主イースタン・メディタラニアン・マリタイム(イーストメド)からLR(ラージレンジ)2型プロダクト船2隻を初受注した。6日発表した。2023年5月から順次引き渡す。今回の成…

2021年12月14日デイリー版2面

IMO、日本が理事国に再選。総会をオンライン開催

 6日に開幕したIMO(国際海事機関)の第32回総会は10日に理事国選挙があり、日本が再選を果たした。国土交通省が13日発表した。初日の6日には、斉藤鉄夫国交相が国際海運の2050年カーボンニュートラ…

2021年12月14日デイリー版2面

サムスン重工、LNG船1隻受注。約2億800万ドルで

 韓国造船大手のサムスン重工業は10日、LNG(液化天然ガス)船1隻を受注したと韓国取引所に告示した。発注者はオセアニア船主で、詳細は不明。契約額は2448億ウォン(約2億809万ドル、1ドル=117…

2021年12月14日デイリー版2面

国交省、内航CN検討会14日に第5回。取りまとめ案議論

 国土交通省海事局は14日、同省内で「内航カーボンニュートラル推進に向けた検討会」の第5回会合を開く。これまでの検討を踏まえた取りまとめ案について検討する。会合はウェブ形式を併用する。政府が20…

2021年12月14日デイリー版2面

日本郵船、会社人事

 日本郵船 (12月20日)関西支店支店長代理船長(海上船長)徳田健二▽海上船長(関西支店支店長代理船長)松浦寛▽日本船主協会東京船長(海務グループ調査役船長)多田宏高…

2021年12月14日デイリー版3面

北九州市、物流拠点構想。10年間で民間投資1000億円

 北九州市は9日、「北九州市物流拠点構想」の素案を発表した。素案では、陸海空の結節点周辺エリアを中心にした物流関連施設の集積に加え、各種輸送モードを組み合わせた多種多様な物流ニーズと時代の変化に対応で…