2021年12月06日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

31件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2021年12月06日 )

2021年12月06日デイリー版1面

インタビュー 海洋産業強化 日本に必要なこと】日本郵船会長・内藤忠顕氏、「未来の夢」官民共有を

 四方を海に囲まれた日本にとって海事産業の重要性は誰もが認めるところだが、海事・海洋分野に対する一般社会の認知度は決して高くない。官民が連携したさまざまな取り組みも進められているが、立場の違いから来る…

2021年12月06日デイリー版2面

OECD造船部会、第三国通報制度導入に向け検討

 国土交通省は3日、第133回OECD(経済協力開発機構)造船部会の開催結果を公表した。各国の公的支援措置の透明性を確保するため、日本が第三国通報制度を提案。導入に向け特別会合を開き、運用方法などにつ…

2021年12月06日デイリー版2面

VL市況影響 限定的か。増産継続も 船腹供給過剰で

 OPEC(石油輸出国機構)は2日、非加盟国も交えたOPECプラスの閣僚会議で、8月からの日量40万バレル規模の段階的な増産(協調減産の緩和)を来年1月も継続すると発表した。単純計算で日量40万バレル…

2021年12月06日デイリー版3面

中国発関西向けコンテナ輸送、華南出し 逼迫感やまず

 【関西】中国発関西向けコンテナ貨物輸送の高需要が続いているが、12月に入ってからも特に華南出しでスペース逼迫(ひっぱく)感が収まっていない。物流関係者によると、本船スケジュール遅延やコンテナ不足の影…

2021年12月06日デイリー版3面

国際物流の混乱長期化 見通しと対策。ジェトロ 日系企業調査。北京五輪・米西岸労使交渉を注視。遅延見越し納期設定

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は先月、国際物流の混乱と企業の対応について世界各国・地域でインタビューを行い、結果を公表した。今後については海上コンテナの運賃高騰が解消するのは2023年以降、航空輸送も…

2021年12月06日デイリー版3面

KMTC、日―韓・中2サービス改編。航路最適化で

 韓国の高麗海運(KMTC)は今月、日本と韓国、中国を結ぶコンテナ航路「NCJ」「NBP」の2サービスを改編した。航路の最適化が目的で、両サービスの寄港地を入れ替え、「NCJ」で大分、「NBP」で博多…

2021年12月06日デイリー版3面

大阪港10月コンテナ、4%減の17.7万TEU

 【関西】大阪港湾局が2日公表した大阪港の10月のコンテナ取扱個数(最速報値、空コンテナ含む)は、輸出入合計で前年同月比4%減の17万7171TEUだった。主力の輸入貨物が2カ月連続のマイナスとなった…

2021年12月06日デイリー版3面

ワンハイ、香港―珠江のバージ輸送、条件付き一部再開

 台湾船社ワンハイラインズは、今月からブッキングを停止していた香港からの珠江デルタバージサービスについて、条件付きで一部の仕向け地のブッキングを再開すると発表した。香港と珠江デルタを結ぶバージ輸送は、…

2021年12月06日デイリー版3面

CNC、年内の新規ブッキング停止。日本発全サービス

 仏船社CMA―CGMグループのCNCは今月2日から31日まで、日本発域内全サービスを対象に新規ブッキングの引き受けを停止する。年末にかけて輸送量が増加する中、スペース状況を考慮し、新規ブッキング停止…