1ヶ月間の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

32件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし )

2021年11月25日デイリー版1面

IoS―OP、国内船社向けセミナー開幕

 日本海事協会(NK)子会社のシップデータセンター(ShipDC)が事務局を務める「IoS(船のインターネット)オープンプラットフォーム」(IoS―OP)が主催する「IoS―OP国内船社向けセミナー」…

2021年11月25日デイリー版1面

インタビュー 2050ゼロエミ実現へ 日本の技術力結集】日本舶用工業会会長・木下茂樹氏。造船と連携、変化を好機に

 日本の海運業界が2050年のGHG(温室効果ガス)排出ネットゼロ(実質ゼロ)への挑戦を決める中、その実現に向けて舶用機器メーカーが果たす役割に注目が集まっている。6月に就任した日本舶用工業会の木下茂…

2021年11月25日デイリー版2面

国家備蓄放出、海運市況への影響軽微か。VL2隻分

 政府による石油の国家備蓄放出決定を受け、原油船市況への影響が注目される。経済産業省によると、米国の戦略石油備蓄の放出公表を背景に、日本政府が24日決定した国家備蓄の放出量は「数日分」で、複数の報道で…

2021年11月25日デイリー版2面

大島造船所、東京事務所を移転

 大島造船所は東京事務所を移転し、22日から新事務所で業務を開始した。▽住所=東京都中央区東日本橋3―4―13VPO東日本橋3階 ▽電話=03・6661・9035 ▽ファクス=03・66…

2021年11月25日デイリー版3面

LA・LB港、課徴金徴収を再延期。29日まで

 米国西岸ロサンゼルス(LA)・ロングビーチ(LB)両港は22日、同日から予定していた滞留コンテナに対する課徴金の徴収を、29日まで延期すると発表した。徴収開始を延期するのはこれで2度目。LB市港湾局…

2021年11月25日デイリー版3面

ワンハイラインズ、12月からアジア域内で運賃修復

 ワンハイラインズは17日、日本発アジア域内航路で運賃修復を行うと発表した。対象となるのは、日本発東南アジア、台湾・香港・中国航路で、ドライコンテナとSOCコンテナに対し、12月から順次適用する。…