2021年11月08日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

37件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2021年11月08日 )

2021年11月08日デイリー版2面

揚子江船業、中小型BC6隻成約。年初来受注124隻に

 中国民営造船大手の揚子江船業は1日公表した決算資料の中で、10月以降にバルカーを8万2300重量トン型2隻と4万5000重量トン型4隻の計6隻受注したことを明らかにした。これにより、年初来の新造船受…

2021年11月08日デイリー版2面

国交省、漂流軽石対策でWG。回収技術の検討へ

 国土交通省は5日、省内で「漂流軽石回収技術検討ワーキンググループ(WG)」の初会合を開いた。8月に発生した小笠原諸島(東京都)の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で、鹿児島、沖縄両県の複数の港湾で軽石の漂…

2021年11月08日デイリー版2面

川崎汽船、名証・福証で上場廃止へ

 川崎汽船は4日、名古屋証券取引所第1部と福岡証券取引所に上場している同社株式について、上場廃止申請を行うと発表した。両取引所で上場廃止を申請するのは、重複上場に伴う事務の合理化を図るのが目的。…

2021年11月08日デイリー版3面

北九州港、長期構想検討委が初会合。港湾計画改定に向け

 北九州市は2日、同市内で北九州港港湾計画の改定に向けた「北九州港長期構想検討委員会」の初回会合を開催した。会合では、北九州市・港の現況確認を踏まえ、既定長期構想の総括、同港の課題確認を行い、目指すべ…