2021年06月08日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

38件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2021年06月08日 )

2021年06月08日デイリー版2面

愛媛船主、保有船1199隻に。18年比136隻増

 伊予銀行(松山市)傘下のいよぎん地域経済研究センターのまとめによると、2020年9月時点の愛媛船主の外航船保有隻数は1199隻となった。前回調査の18年時点の1063隻から136隻増加した。愛…

2021年06月08日デイリー版2面

JMU、洋上風発向け浮体。DNV「実用的技術」

 ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は7日、浮体式洋上風力発電向けのセミサブ(半潜水)型浮体デザインに対し、ノルウェー船級協会DNVから実用的技術であることを認める「ステートメント・オブ・フィージビ…

2021年06月08日デイリー版2面

JMU、防衛省から掃海艦受注。あわじ型4番艦

 ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は、防衛省から掃海艦1隻(02MSO)を受注した。船体材料にFRP(繊維強化プラスチック)複合材料を採用した「あわじ」型掃海艦の4番艦。契約は3月9日に締結した。…

2021年06月08日デイリー版2面

日本郵船、会社人事

 日本郵船 (6月14日)海上船長(技術本部統轄グループ調査役在マニラ船長)樋本洋己…

2021年06月08日デイリー版2面

インタビュー GHG短期対策最終交渉】IMO(国際海事機関)海洋環境保護委員会(MEPC)議長(国土交通省大臣官房技術審議官)・斎藤英明氏、「実燃費格付け」合意が鍵

 IMO(国際海事機関)の第76回海洋環境保護委員会(MEPC76)が10日からオンライン形式で開かれる。これまで議論してきたGHG(温室効果ガス)短期対策が大詰めを迎えており、今会合での採択に向けて…

2021年06月08日デイリー版3面

下関港・長州出島、新光電業が新工場。産業ゾーン 初分譲

 下関市は4日、下関港新港地区(長州出島)に新社屋と長州出島工場を建設する新光電業(本社・下関市、中尾一人社長)との間で新工場建設協定の調印式を行ったと発表した。工場用地の産業ゾーンの分譲は今回が初め…

2021年06月08日デイリー版3面

横浜港、五輪対策を本格化。本牧D―5・はしけ活用 検討

 東京五輪開催まで2カ月を切る中、横浜港でも対策の検討が本格化している。3日開かれた「横浜港物流対策会議」では、横浜市が渋滞対策などの施策案を提示。本牧D―5への臨時コンテナ置き場の設置や、横浜川崎国…