2020年12月23日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

42件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2020年12月23日 )

2020年12月23日デイリー版1面

川崎汽船、ITS売却完了。特別利益200億円計上

 川崎汽船は22日、米コンテナターミナル子会社ITS社の保有株式を豪マッコーリーグループに譲渡する手続きが同日付で完了したと発表した。譲渡先はマッコーリーグループのマッコーリー・インフラストラクチャー…

2020年12月23日デイリー版1面

商社に聞く転換期の船舶ビジネス】(3)双日マリンアンドエンジニアリング取締役常務執行役員船舶部門長・中村雅春氏、新機能とトレード融合

 ――2020年の新造船マーケットを振り返ってどうか。「世界的に新造船の商談は低調だったが、バルカーを中心とする本邦造船業界にとっては非常に厳しい結果となった。背景としては船価と用船料のミスマッ…

2020年12月23日デイリー版2面

韓国造船大手、LNG船の受注急増。2日間で計10隻に

 韓国造船大手2社のLNG(液化天然ガス)船受注が足元で急増している。21日から22日にかけて、現代重工業グループが計6隻、サムスン重工業は計4隻をそれぞれ成約した。10隻の船型は不明だが、船価は1隻…

2020年12月23日デイリー版2面

揚子江船業、2600TEU型船受注。SITCから最大10隻

 中国民営造船大手の揚子江船業グループは21日、中国近海船社大手SITCから2600TEU型コンテナ船6隻プラス・オプション4隻を受注したと発表した。確定分6隻の契約総額は1億6200万ドルで、船価は…

2020年12月23日デイリー版2面

三井E&S造船、20年竣工量14隻・35万総トン

 三井E&S造船は21日、2020年の新造船竣工量が14隻、35万総トン、60万重量トン、進水量が12隻、38万総トン、65万重量トンだったと発表した。竣工量は前年に比べ隻数で上回った一方、総ト…

2020年12月23日デイリー版2面

大宇造船海洋、玉浦造船所 生産を再開

 韓国造船大手の大宇造船海洋は21日、玉浦造船所(慶尚南道)の全事業場での生産を再開したことを韓国取引所に告示した。新型コロナウイルスの感染者が発生したことで、18―20日に生産を一時中断していたが、…

2020年12月23日デイリー版2面

船員部会、カボタージュ規制も議論に

 国土交通省が18日に開いた交通政策審議会(国交相の諮問機関)の海事分科会船員部会で、JR九州高速船が外国籍新造高速旅客船を一時的に国内輸送を可能にする特例措置を国に求める動きが出ていることを踏まえ、…

2020年12月23日デイリー版2面

JMU、会社人事

 ジャパンマリンユナイテッド 【組織改正】 (1月1日)設計本部の下に設計統括部を新設。【役員人事】 (1月1日)取締役専務執行役員〈非常勤〉、日本シップヤード社長(取締役専務執行役…