2020年12月09日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

42件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2020年12月09日 )

2020年12月09日デイリー版1面

インタビュー P&I保険の最新トレンド】スタンダードクラブチーフ・エグゼクティブ、ジェレミー・グロース氏。高額損害の頻度急増

 ――次年度のゼネラル・インクリースを決定した背景は。「第1の要因は、マーケットの他のP&Iクラブと同様に、当クラブも高額損害の頻度が急増していることがある。こうした費用はプールメカニズムの下、…

2020年12月09日デイリー版2面

シースパン、1.2万TEU型5隻発注。18年契約に投入

 独立系コンテナ船主のシースパン(本社・香港)は7日、1万2200TEU型コンテナ船5隻を発注したと発表した。大手コンテナ船社との18年間の長期用船契約に基づき、造船所と建造契約を締結した。建造ヤード…

2020年12月09日デイリー版2面

サムスン重工、巨済造船所、生産を再開

 韓国造船大手のサムスン重工業は8日、巨済造船所(慶尚南道)の全事業場での生産を再開したと韓国取引所に告示した。新型コロナウイルス感染者の発生で、濃厚接触者の検査など感染拡大防止のため、6―7日に生産…

2020年12月09日デイリー版2面

大連船舶重工、85型BC2隻受注。中国リースから

 中国船舶集団(CSSC)傘下の大連船舶重工は同グループのリース会社、中国船舶(香港)航運租賃から8万5000重量トン型バルカー2隻を受注した。新造船は昨年成約した10隻の同型船だが、一部システムを改…

2020年12月09日デイリー版2面

LNG燃料、22年 供給拠点170港。クラークソン予測

 船舶用LNG(液化天然ガス)燃料を供給できる港が増加している。英クラークソンによると、11月時点の世界のLNG燃料供給拠点は、今年1月時点の114港から124港に10港増加。2022年までに170港…

2020年12月09日デイリー版2面

市況2020】VL反発 WS30超。船主、反発強める

 VLCC(大型原油タンカー)市況が反発している。市場関係者によると、足元の中東―極東航路の運賃相場はWS(ワールドスケール)30超を付けるという。WSは秋口以降、30を割り込む低水準で推移してきた。…

2020年12月09日デイリー版2面

IMO、LLMC条約を議論。適用外の統一解釈 検討

 IMO(国際海事機関)の第107回法律委員会(LEG107)が11月27日―12月1日にオンライン形式で開かれ、船主責任制限条約(LLMC条約)の責任制限が適用されない場合に関する統一解釈の策定に向…

2020年12月09日デイリー版2面

福岡造船、田中嘉一副社長、新社長に昇格

 福岡造船の新社長に田中嘉一副社長が11月25日付で昇格した。田中敬二社長は代表権のある会長に就いた。たなか・よしかず 09(平成21)年拓殖大政経卒、福岡造船入社。12年取締役、19年代表取締…

2020年12月09日デイリー版2面

常石グループ、会社人事

 ツネイシホールディングス 【新役員体制】 (1月1日)取締役会長(造船事業管掌、常石造船取締役会長)=河野健二▽代表取締役社長(海運事業管掌、神原汽船代表取締役社長、常石造船専務取締役)=神…