2020年09月14日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

49件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2020年09月14日 )

2020年09月14日デイリー版1面

モーリシャス座礁】商船三井・池田社長、「用船者の社会的責任果たす」。環境回復・地域貢献、10億円拠出

  商船三井は11日、モーリシャス沖でのケープサイズバルカー座礁・燃料油流出事故を受け、同船の用船者として現地の自然環境回復・地域貢献に複数年で総額10億円程度を拠出する計画を明らかにした。独自の基金…

2020年09月14日デイリー版2面

江南造船、VLEC2隻受注。天津西南海運が初保有

 中国船舶集団(CSSC)グループの江南造船は、同国船社の天津西南海運から9万8000立方メートル型の大型エタン船(VLEC)2隻を受注した。建造契約を9日に締結し、天津西南海運が同日発表した。新造船…

2020年09月14日デイリー版3面

北米東航、8月11%増の167万TEU。単月で過去最多

 米国の民間調査サービス会社デカルト・データマインが11日に発表した、アジア主要10カ国・地域発米国向け(北米東航)の8月コンテナ荷動きは、前年同月比11%増の167万TEUとなった。プラスになるのは…

2020年09月14日デイリー版3面

上海港、8月コンテナ、2%増の384万TEU。好調続く

 中国の上海国際港務集団(SIPG)がまとめた8月の上海港コンテナ取扱量は、前年同月比2%増の384万TEUとなった。前月の390万TEUには及ばないものの、単月取扱量としては過去3番目の実績。新型コ…