2020年07月14日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

35件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2020年07月14日 )

2020年07月14日デイリー版1面

海外船主、バルカー底値買い。売買ギャップ縮小

 有力船主がバルカーの底値買いに動いている。新型コロナウイルスの感染拡大や用船市況の不振による収益悪化を受けて、オペレーター(運航会社)系の船主などが保有船を手放すケースが増えつつある。それらを手元資…

2020年07月14日デイリー版1面

玉井商船、三井住友から5億円借入。手元資金確保

 玉井商船は13日、三井住友銀行から5億円を借り入れると発表した。ドライバルク市況の低迷などを受け、手元資金や営業キャッシュフローに比べて、有利子負債が高水準な状態が続いていた。手元資金を厚くして経営…

2020年07月14日デイリー版2面

CNCo、ドライバルク事業を分社化。新会社に集約へ

 香港のコングロマリット(複合企業)、スワイヤグループ傘下のチャイナナビゲーション(CNCo)は8日、ドライバルク事業を分社化し、ライナー・船舶管理事業に集中すると発表した。CNCoの親会社ジョン・ス…

2020年07月14日デイリー版2面

国土交通省、人事異動

 国土交通省 (7月12日)辞職〈新潟県観光局副局長〉(海事局外航課長補佐)妹尾浩志 (7月13日)出向総務省国際戦略局国際経済課課長補佐(総合政策局物流政策課長補佐)人見彰彦▽総合政策局物流…

2020年07月14日デイリー版2面

新役員の横顔】川崎汽船執行役員(船舶部門担当補佐、安全品質管理グループ長委嘱)藤丸明寛氏、デジタル化見据え、船上の働き方改革

 就任の抱負 運航船の安全管理の高度化と輸送品質の向上に向けて、貪欲に取り組んでいきたい。現場の重要性は身をもって体験している。実際に船をケアしている船主や船舶管理会社の声に耳を傾け、できるだけ水際に…

2020年07月14日デイリー版3面

船井総研ロジ調べ、コロナ禍、荷主・物流企業の6割、省人・自動化導入検討。配送体制・在庫配置再考も

 船井総研ロジはこのほど、物流業界での新型コロナウイルスの影響に関するアンケート調査の結果を公表した。それによると、荷主・物流企業の約7割で、物量が減少。配送サービスや在庫配置の見直しなどを検討してい…

2020年07月14日デイリー版3面

Xプレス、釜山フィーダー航路、21日から秋田に追加寄港

 シンガポール船社のXプレスフィーダーズは今月、韓国・釜山港と日本海側諸港を結ぶ釜山フィーダーサービス「BNX」(釜山・新潟エクスプレス)の寄港地に秋田港を追加する。日本総代理店のヘスコ・エージェンシ…