1ヶ月間の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

36件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし )

2020年04月09日デイリー版1面

自動車船、洋上待機を開始。荷動き減、5月顕在化へ

 世界的な自動車販売市場の冷え込み、工場の生産停止に伴う完成車の海上荷動き減退を受けて、自動車船オペレーター(運航会社)がドリフティング(洋上待機)による船腹調整に乗り出した。荷動きは4月よりも5月の…

2020年04月09日デイリー版1面

インタビュー ポセイドン原則への署名】三井住友信託銀行ストラクチャードファイナンス部 主管・有田卓也氏、船舶ファイナンスチーム長・平野隆啓氏。日本の環境技術革新を後押し(その1)

 三井住友信託銀行は3月、海運の地球温暖化対策を金融面から後押しする船舶ファイナンス理念「ポセイドン原則」にアジアの金融機関で初めて署名した。ポセイドン原則の意義と署名を決断した背景について、ストラク…

2020年04月09日デイリー版2面

トタル、初のLNG焚きVLCC。AETから2隻用船

 仏エネルギー大手トタルは8日、LNG(液化天然ガス)焚(だ)きVLCC(大型原油タンカー)2隻をマレーシア船社MISCの子会社AETから定期用船すると発表した。トタルがLNG燃料に対応したVLCCを…

2020年04月09日デイリー版2面

新型コロナ】海運業界団体の対応、船協―全役職員が在宅勤務に、内航総連―政策委を書面開催

 海運業界団体も新型コロナウイルス感染拡大への対応を進めている。日本内航海運組合総連合会は8日、本部のある東京・平河町の海運ビルで予定していた政策委員会を書面開催に変更した。日本船主協会はこれまで海運…

2020年04月09日デイリー版2面

新型コロナ】日本郵船、原則在宅勤務に。5月6日まで

 日本郵船は7日、新型コロナウイルスの感染拡大防止と従業員の安全確保の観点から、今後の就労体制を原則在宅勤務とすることを決定したと発表した。対象は東京本社と支店勤務者で、業務上やむを得ず出社が必…

2020年04月09日デイリー版2面

新型コロナ】NK、安全確保・感染拡大防止措置強化

 日本海事協会(NK)は8日、政府による緊急事態宣言を受け、本部(東京都・千葉市)職員を原則在宅勤務とするなど安全確保・新型コロナウイルス感染拡大防止のための措置を強化すると発表した。検査・審査などN…

2020年04月09日デイリー版2面

インタビュー ポセイドン原則への署名】三井住友信託銀行■ストラクチャードファイナンス部主管・有田卓也氏■船舶ファイナンスチーム長・平野隆啓氏(1面から続く)

 --船主にどのようにデータを提供してもらうのか。「ポセイドン原則の対象データは、IMO(国際海事機関)が昨年から開始したデータコレクションシステム(燃料油消費実績報告制度)と同じ情報だ。追加デ…

2020年04月09日デイリー版3面

APL、米コンテナ貨物、ディテンション16日まで中断

 CMA-CGM傘下のAPLは、世界的な新型コロナウイルス感染拡大による物流混乱に対応し、コンテナに対するディテンション(返却延滞料)を課徴しない方針を決めた。対象になるのは米国に荷揚げされた全てのコ…