1ヶ月間の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

47件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし )

2020年04月08日デイリー版1面

PIL、用船料再び遅延。リース料、ガルーダ航空も

 シンガポール船社PIL(パシフィック・インターナショナル・ラインズ)の日本船主に対する用船料の支払いが再び遅延した。3月下旬の支払い分について「用船料が遅延するとの連絡を受け、実際に支払われていない…

2020年04月08日デイリー版2面

邦船大手3社、緊急事態宣言、期間中も業務継続

 緊急事態宣言の発令期間中、邦船大手3社は業務を継続する。各社とも2月下旬から在宅勤務制度を導入し、既に運用を開始している。新型コロナウイルスへの感染リスクを低減した上で、海上輸送の提供という使命を果…

2020年04月08日デイリー版2面

青島北海船舶重工、325型VLOC4隻受注。BOCOMMから

 中国船舶集団(CSSC)グループの青島北海船舶重工は、中国交通銀行傘下の交銀金融租賃(BOCOMMリーシング)から32万5000重量トン型のVLOC(大型鉱石専用船)4隻を受注したようだ。複数の海外…

2020年04月08日デイリー版2面

ABS、遠隔検査の対象拡大。新型コロナの影響受け

 米船級協会ABSは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、本来なら必要となる検査員の立ち合いが省略できる遠隔検査の運用を柔軟化している。就航船向け遠隔検査の対象としてドライドック延長、無線検査を1…

2020年04月08日デイリー版2面

新型コロナ】飯野海運、在宅勤務を延長

 飯野海運は6日、新型化コロナウイルスの感染拡大防止と従業員の安全確保のため、3月27日から実施してきた在宅勤務体制を強化・徹底すると発表した。当初8日までとしていた在宅勤務期間を28日まで延長する。…

2020年04月08日デイリー版2面

ティーケイ、LNG船2隻を8―12カ月貸船

 カナダの海運大手ティーケイグループのガス船事業会社ティーケイLNGパートナーズは3日、LNG(液化天然ガス)船2隻の定期用船契約を獲得したと発表した。金融機関と2億2500万ドルの与信枠のリファイナ…

2020年04月08日デイリー版2面

NK、eラーニング基礎講座。契約数200件突破

 日本海事協会(NK)は2日、ClassNKアカデミーの新コースとして今年1月に開始したeラーニングによる新入社員・内定者研修向けの「はじめての海運・造船講座」の契約数が、3月末時点で200件を突破し…

2020年04月08日デイリー版2面

チャートワールド、カナダ社を買収

 ドイツのENC(電子海図)・ECDIS(電子海図情報表示装置)提供会社チャートワールドはこのほど、カナダ同業マリタイム・サービシズ(本社・バンクーバー)を買収した。北米市場に強いマリタイム・サービシ…

2020年04月08日デイリー版2面

日本郵船、VLCC「豊弥」竣工。海外荷主向け。JMUで建造

 日本郵船が運航する新造VLCC(大型原油タンカー)「豊弥」(TOYA)=写真=が3日、ジャパンマリンユナイテッド(JMU)呉事業所(広島県呉市)で竣工した。海外荷主向け中長期契約に投入する。同…

2020年04月08日デイリー版3面

KN、アジアFCLで電子PF。運賃・輸送管理を効率化

 世界最大のNVOCC(海上利用運送事業者)のキューネ・アンド・ナーゲル(KN)はこのほど、アジア域内でのFCL(コンテナ単位)貨物の輸送管理ができるオンラインプラットフォーム(PF)「eShipAs…