2019年10月18日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

40件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2019年10月18日 )

2019年10月18日デイリー版1面

モザンビークLNG、用船商談スタート。造船所は韓国有力

 モザンビークのLNG(液化天然ガス)プロジェクト向けLNG船の用船商談が始まった。船腹の調達主体となるプロジェクト側が、先週末までに海運会社に対して提案依頼書を提示した。先行して進めていた造船商談は…

2019年10月18日デイリー版1面

インタビュー シップブローカーの視点】ジャパンシッピングサービス営業部・藤井一郎氏。船主のLNG船保有を支持

 長期用船、新造船、中古船売買など各種契約の仲介業務を手掛けるシップブローカーのジャパンシッピングサービス(東京都港区)。営業部の藤井一郎氏は邦船オペレーター(運航船社)の新造案件が滞る中で、国内船主…

2019年10月18日デイリー版2面

JPI、無人運航船セミナー。11月下旬、都内で

 日本計画研究所(JPI)は11月21日、都内で「無人運航船の社会実装・事業化に向けたビジネス実現のための取り組みと課題」と題したセミナーを開く。三菱総合研究所科学・安全事業本部フロンティア戦略…

2019年10月18日デイリー版2面

台風19号】飯野海運、義援金300万円

 飯野海運は17日、台風19号の被災者と被災地復興を支援するため、義援金300万円の拠出を決定したと発表した。併せて、飯野海運グループの役職員による募金活動を開始した。…

2019年10月18日デイリー版2面

台風19号】NK、被災地に500万円

 日本海事協会(NK)は17日、台風19号の被災者救援や被災地の復興に役立ててもらうため、義援金500万円の拠出を決定したと発表した。拠出先は日本赤十字社。 …