1ヶ月間の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

40件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし )

2019年04月23日デイリー版1面

神原汽船/新造LR1初保有。今期13%増収見込む

 神原汽船(神原宏達社長)は2019年12月期決算で前年比13%増の売上高441億円を見込む。新造船の転売が18年の4隻から、7隻前後に拡大する見込みで、売上高を大きく押し上げる。船主業では19年、7…

2019年04月23日デイリー版1面

インタビュー 船舶融資―地銀の戦略】福岡銀行産業金融部部長・藤善匡氏、産業金融部ストラクチャードファイナンスグループ調査役・森田耕司氏/市況にぶれず一貫支援

 福岡銀行は2005年に船舶融資に参入して以降、融資残高を着実に積み重ねてきた。海運マーケットの変動に関わらず、船主の成長をぶれずに支援していく方針だ。産業金融部部長の藤善匡氏、産業金融部ストラクチャ…

2019年04月23日デイリー版1面

水平線】クルーズ船誘致

 日本の港湾関係者が、国内外のクルーズ船誘致に目を向けるようになって十数年。寄港時のもてなしや各種インセンティブ制度、船社が寄港地に求める要件といった「基本的事項」は、港間の格差が解消しつつある。…

2019年04月23日デイリー版2面

現代三湖重工/Gクレーン4基を受注。星港PSAから

 韓国現代重工業グループの現代三湖重工業は19日、シンガポール向けに岸壁用の超大型ガントリークレーン4基を受注したと発表した。シンガポールのコンテナターミナル運営大手PSAとの間で契約を締結した。現代…

2019年04月23日デイリー版2面

日本無線/簡易型AIS発売。中小型船向け

 日本無線は17日、小型軽量で中小型船にも搭載しやすい簡易型AIS(船舶自動識別装置)「NTE-380」の販売を開始した。漁船やワークボート、プレジャーボートなど、これまでAISを取り付けにくかった中…

2019年04月23日デイリー版2面

米マトソン/Gクレーン3基受領。ハワイ港で

 米国船社のマトソンは先週、ハワイ港ホノルルターミナル向けにガントリークレーン3基を受領したと発表した。今回、導入した新型クレーンは既存クレーンとの代替。新型クレーンは20日に荷揚げされて、ターミナル…

2019年04月23日デイリー版2面

コンテナ運賃/北米向け、やや下落も底堅く

 上海航運交易所(SSE)がまとめた4月19日付の上海発北米西岸向けコンテナ運賃(スポット)は、40フィートコンテナ当たり1583ドルとなった。前週に比べて68ドルの値下がり。3月末からほぼ横ばいだっ…

2019年04月23日デイリー版2面

日本郵船/会社人事

 日本郵船 (4月22日)クヌッツェンNYKオフショアタンカーズノルウェー兼サガ・シップホールディング〈ノルウェー〉ノルウェー(クヌッツェンNYKオフショアタンカーズノルウェー)宍戸史武…

2019年04月23日デイリー版2面

日本海運/会社人事

 日本海運 【新役員体制】 (5月1日)代表取締役社長=寺井克宏▽取締役=小渕雄二▽専務取締役営業本部長=小野隆義▽専務取締役管理本部長=喜多十次郎▽取締役トランパー担当=高井秀彦▽取締役経理…