2000年03月22日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

52件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2000年03月22日 )

2000年03月22日デイリー版1面

OOIL99年12月期/税引き後純利益が大幅増

 香港のOOILグループの九九年十二月期の業績は、税引き後純利益が前期の十七万ドルから六千二百二十八万ドルと大きく伸びた。コアビジネスであるコンテナ輸送において、アジア発北米・欧州向け運賃が改善したこ…

2000年03月22日デイリー版1面

BNSFとCN/合併手続きを15カ月間延期

 米国運輸省水陸運輸局(STB)は十七日、昨年末発表された米バーリントン・ノーザン・サンタフェ鉄道(BNSF)とカナダナショナル鉄道(CN)との合併について十五カ月間手続きを延期すると発表した。STB…

2000年03月22日デイリー版1面

南星海運/新潟港の代理店、4月から変更

 韓国船社の南星海運(日本総代理店・ナビックス南星)は四月一日から、新潟港の代理店を変更する。新代理店は丸肥(まるひ)運送倉庫。三月三十日に新潟港を入出港する「コリアン・パール」(VOY.013…

2000年03月22日デイリー版1面

外航春闘/24日に第4回交渉

 外航労務協会と全日本海員組合は来年度外航労働協約改定交渉(外航春闘)の第四回会合を十六日、東京・平河町の海運ビルで開催する。…

2000年03月22日デイリー版1面

官民海賊対策会議/G・マース号事件で意見交換

 運輸省は十七日、海賊対策を話し合う官民連絡会議の第七回会合を同省会議室で開いた。このほど乗員全員が無事発見されたパナマ籍ケミカルタンカー「グローバル・マース号」の海賊襲撃事件について、事件の経緯の報…

2000年03月22日デイリー版1面

運輸省/中国政府の一歩前進を評価

 運輸省海上交通局の中田徹外航課長は、日本郵船が中国において一〇〇%出資のコンテナサービス会社の設立を認められたことについて「これまでの日中海運協議の中で取り上げてきた問題あり、昨年の世界貿易機関(W…

2000年03月22日デイリー版1面

官民検討会/若年船員養成プロジェクト見直し

 国際船舶制度に関する実務者レベルの官民検討会が十七日、運輸省会議室で開かれ、「若年船員養成プロジェクト」の見直しに向けた議論が始まった。同省海上交通局は、中小船社に対する承認船員養成費補助や日本人船…

2000年03月22日デイリー版2面

訃報/諏訪晃氏

 諏訪 晃氏(すわ・あきら=第一中央汽船顧問、元同取締役、元鹿島共同火力専務)21日午前5時、前立腺がんのため死去、62歳。通夜は22日午後6時から、葬儀は23日正午から、東京都港区元麻布1の2の12…

2000年03月22日デイリー版2面

日本-中南米航路の3同盟/4月10日からCAF改定へ

 日本-中南米航路の三同盟は十六日、四月十日からCAF(為替変動調整金)の料率を改定すると日本荷主協会に通知した。新料率は、日本-メキシコ同盟が六五・九〇%(現行六九・九〇%)、日本-南米西岸同盟がコ…

2000年03月22日デイリー版2面

運輸省/人事異動

 е運輸省 (3月21日)港湾局建設課付(外務省在エジプト大使館・一書)三宅光一、(外務省在シリア大使館・一書)坂克人…

2000年03月22日デイリー版2面

三井造船/年間一時金交渉、80万円で決着

 継続交渉していた三井造船の年間一時金が八十万円で決着した。十七日夕、経営側が提示した額を組合側が受諾した模様。残るは石川島播磨重工業一社となった。今春闘は十三年ぶりのベアゼロと過去造船不況と同様厳し…