不定期の最新ニュース

国内海運大手のバルカー(鉄鉱石や石炭などバラ積み船)、石油・ガスのタンカー部門および専業会社の新造整備、荷主、市況など不定期船に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

245件の記事が見つかりました ( 不定期カテゴリ / キーワード指定なし / 2020年04月11日〜2020年07月10日 )

2020年06月16日デイリー版1面

商船三井、FSRU短期契約。ボタス継続使用、稼働率改善

 関係筋によると、商船三井はトルコの国営石油・ガス輸送会社ボタスとFSRU(浮体式LNG〈液化天然ガス〉貯蔵・再ガス化設備)の短期契約を結んだ。香港向け長期契約のスタート時期が後ろ倒しになり、FSRU…

2020年06月12日デイリー版4面

中古船マーケット

 ■中古船マーケット 注)数字は上段が前週比(1週間前の船価との変動比)、▲はマイナス。下段が船種ごとの重さ(タンカー、バルカーがK=千重量トン、コンテナ船はTEU)。原則として週1回掲載しま…

2020年06月11日デイリー版2面

BMW、完成車輸送にバイオ燃料。UECCなどと試行

 独自動車大手BMWグループが、日本郵船が出資する欧州域内の自動車船社UECC(ユナイテッド・ヨーロピアン・カー・キャリアーズ)が実施しているバイオ燃料のトライアルに参加する。完成車の海上輸送を含む自…

2020年06月10日デイリー版1面

新本部長に聞く 激変期の事業戦略】(1):商船三井常務執行役員エネルギー輸送営業本部長・松坂顕太氏。電化加速、ガス・再エネ重点(その1)

 コロナ禍や脱炭素化、デジタル化など海運業界が大きな変革の波に直面している。4月1日に就任した邦船大手の新本部長(川崎汽船はユニット統括)に激変期における事業戦略を聞いた。第1回は、商船三井のエネルギ…

2020年06月10日デイリー版2面

エクイノール、CO2排出45%減。25年目標、タンカー船隊

 ノルウェーのエネルギー大手エクイノールは8日、海運や船舶用燃料に関する環境目標を発表した。その中で、2025年にタンカー船隊からのCO2(二酸化炭素)排出原単位を08年比45%削減する方針を示した。…

2020年06月10日デイリー版4面

中国、鉄鉱石輸入4%増。5月、鋼材需要が堅調

 中国税関総署は7日、5月の鉄鉱石輸入量が前年同月比3・9%増の8703万トンだったと発表した。新型コロナウイルス問題を受けた景気刺激策が自動車販売などを促進し、鋼材需要を押し上げ鉄鋼原料需要を喚起し…