1ヶ月間の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

825件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし )

2020年09月30日デイリー版3面

GROUND、AI物流ソフト提供開始。海外展開も視野

 物流スタートアップのGROUND(グラウンド、本社・東京都江東区、宮田啓友代表取締役)は28日、自社開発のAI(人工知能)物流ソフトウエア「DyAS(ディアス)」の提供を同日始めると発表した。ディア…

2020年09月30日デイリー版5面

大横浜港特集】横浜発 DX進展。CONPAS、年度内本格運用へ

 横浜港発の港湾電子化・物流効率化に向けた取り組みが進展している。国土交通省が中心となり開発中の新・港湾情報システム(CONPAS)の実証で、コンテナターミナル(CT)での搬出入事前予約制やゲート処理…

2020年09月30日デイリー版6面

飯野海運、出社率50%に緩和。10月から

 飯野海運は25日、新型コロナウイルスの感染拡大防止と従業員の安全確保の観点から出社率30%の勤務体制をとっていることについて、足元の感染状況を踏まえ10月1日から50%に緩和すると発表した。本…

2020年09月30日デイリー版6面

中国運輸局管内、船舶積み降ろし、7月は27%減

 【関西】中国運輸局がまとめた7月の指定港湾の船舶積み降ろし実績は、前年同月比27・2%減の972万1000トンだった。うち上位5港は水島港が19・6%減の333万9000トン、福山港が24・3%減の…

2020年09月30日デイリー版7面

寄稿】戸田総合法律事務所弁護士・青木理生氏:令和時代の海事法務(8)「ESG」経営時代における船主責任制限の意義。法的枠組み超えた補償強制は過剰

 ■燃料油流出事故で注目された「責任制限」 7月25日、パナマ船籍のケープサイズバルカーがモーリシャス沖で座礁し、その後1000トン余りの燃料油が流出した。モーリシャスの生態系などに深刻な影響を及…