2022年05月12日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

52件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2022年05月12日 )

2022年05月12日デイリー版3面

SFジャパン、ケリーロジジャパンに。社名変更

 中国の宅配最大手SFエクスプレス(順豊速運)グループの日本法人、順豊エクスプレス(SFインターナショナル・ジャパン)は、1日付で社名を「ケリーロジスティクスジャパン」に変更した。SFエクスプレスの親…

2022年05月12日デイリー版4面

相馬港、第2回復旧検討会、専門家と復旧方針で意見交換

 東北地方整備局と福島県は4月26日、第2回「相馬港復旧検討会」を開催した。同港は、3月16日に発生した福島県沖を震源とする震度6強の地震により、岸壁などの港湾施設でひび割れや段差などが発生し、利用不…

2022年05月12日デイリー版4面

貿易手続きとインフラ構造改革】(95):国際ロジスティクスアドバイザー・平田義章、改革の方向性10、国内輸送見直しの全体像

 いま、世界の海上コンテナ輸送の標準的なオペレーションは、2つ以上の異なる輸送手段を連結し、単一のBL(船荷証券)で内陸部を含めた発地から着地まで一貫して輸送を引き受ける複合輸送となっている。船社は鉄…

2022年05月12日デイリー版5面

新刊書】「ソーシャル・ロジスティクス―社会を、創り・育み・支える物流」、苦瀬博仁・東京海洋大学名誉教授。「新時代ロジ体系」の在り方を追求

 山縣記念財団が設立80周年を記念して出版した「日本の海のレジェンドたち」「躍動する海―さまざまに織りなす『海』の物語」に続く同財団ライブラリーの第3弾として、「ソーシャル・ロジスティクス―社会を、創…

2022年05月12日デイリー版5面

研究者の論点 日本海運経済学会】(4)近畿大学経営学部教授・髙橋愛典、流通科学大学商学部准教授・田中康仁。琵琶湖の離島の生活とコロナ禍、人々の生活も研究テーマに

 当学会の表看板はもちろん海運であるが、研究はそれにとどまらない。航空を含めた国際交通・物流全般、さらには海・空双方の離島航路や、その先にある人々の生活もテーマである。筆者らは、琵琶湖に浮かぶ有人離島…