2021年06月10日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

32件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2021年06月10日 )

2021年06月10日デイリー版3面

日本通運、日本発海上輸出。5月26%増

 日本通運が8日公表した国際海上輸送取り扱い実績によると、5月の日本発輸出貨物数量は前年同月比26%増の1万9926TEUとなった。4月は17%増の2万2687TEUだった。…

2021年06月10日デイリー版3面

日港協、正副会長・理事長 新体制を発表

 日本港運協会は9日開いた総会で、正副会長、理事長の新役員体制を次の通り決めた(敬称略)。(1面参照) 会長=久保昌三(上組会長、再任) 副会長=田原口誠(三井倉庫ホールディングス会長、再任)…

2021年06月10日デイリー版4面

国交省、供給網の効率化補助事業 新技術の導入支援へ

 国土交通省は7日から、「新技術を用いたサプライチェーン全体の輸送効率化推進事業」の公募を開始した。AI(人工知能)などの新技術の導入による、サプライチェーン(供給網)全体の効率化の支援を目的とする。…

2021年06月10日デイリー版4面

鶴見サンマリン、新役員体制

 鶴見サンマリン 【新役員体制】 (6月16日)代表取締役会長=馬越正文▽代表取締役社長=宍倉俊人 常務取締役、船舶グループ、安全管理グループ管掌=肥田達彦▽常務取締役、内航第一グループ、…

2021年06月10日デイリー版4面

貿易手続きとインフラ構造改革】(73)国際ロジスティクスアドバイザー・平田義章「インフラ構造改革」(27)、トランシップの効率運営(1)

 本稿では、わが国のコンテナポートの運営について、世界のコンテナ輸送市場を背景としてその実態を確認することとする。自国の港湾を地域のハブ港として運営できれば、自国製品の輸出リードタイムの短縮とコ…

2021年06月10日デイリー版5面

新造船受発注リスト】2021年5月(本紙集計)

 5月は、これまで限られていた日本造船所の成約が表面化するケースが増えた。中国や韓国の造船所が大型コンテナ船のロット受注などで先行して線表(受注表)を確定する中、国内造船所は主力の中小型バルカー…

2021年06月10日デイリー版6面

総会】木更津港港運3団体、一枚岩で感染対策

 千葉県の木更津港港運関係3団体(木更津港運協会、港湾貨物運送事業労働災害防止協会木更津支部、木更津港港湾運送事業協同組合)は7日、木更津市内で2021年度の合同総会を開催し、20年度の事業・決算報告…