2019年05月16日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

72件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2019年05月16日 )

2019年05月16日デイリー版3面

郵船ロジ/4月輸出重量11%減。2カ月連続、全方面減少

 郵船ロジスティクスの4月の日本発着航空貨物の取り扱い実績は、輸出重量が前年同月比11%減の9728トンと3カ月連続で減少した。全方面のマイナスは2カ月連続。約6割のシェアを持つアジア向けが前年割れと…

2019年05月16日デイリー版3面

ヤマタネ/3月期:経常益18%増。物流は減益

 ◇ヤマタネ 経常利益は前の期比18%増の50億円。物流の減益を不動産の増益でカバーし、全体の営業利益は16%増の53億円となった。減損損失などの特別損失計上で純利益は13%減の22億円。食品の減収で…

2019年05月16日デイリー版3面

セイノーホールディングス/会社人事

 セイノーホールディングス (6月27日)社外取締役、あいおいニッセイ同和損害保険特別顧問一丸陽一郎▽退任(社外取締役独立役員)上野健二郎…

2019年05月16日デイリー版4面

海事ウオッチャー】日本海事センター企画研究部主任研究員・松田琢磨/「海に関する海事関係学生意識調査2018」の実施結果について

 〈ポイント〉◇船員の業務内容だけでなく、待遇やワークライフバランスに注目◇待遇面への期待が大きい一方、人間関係への不安が大きい◇キャリアプラン、ライフステージに沿った働き方の提示も一考を…

2019年05月16日デイリー版5面

国交省/ラオスで物流講義。現地の大学生ら対象に

 国土交通省は13日、ラオス国立大学の学生やラオス公共事業運輸省などの実務者を対象に「集中講義」を開講すると発表した。2017年からSGH財団の協力のもとで実施しており、今回で3回目を迎える。同…

2019年05月16日デイリー版5面

語録採録】横浜市長・林文子さん/令和元年の節目に復活

 「横浜市にとって欧州航路復活の年が、ちょうど横浜開港160周年の年。そして令和元年というのは非常に感慨深いものがある」 マースクによる欧州サービス横浜港寄港再開式典の席でこう語り、横浜市としての…

2019年05月16日デイリー版5面

未来に笑顔つなぐ B&G財団実践】(43):事業部・海洋センター・クラブ課課長代理・玉手陽子「海のプラスチックごみ」/できることから実践を

 2050年までに海に捨てられるプラスチックごみの総重量が、海に生息する魚の総重量を超えるというショッキングな予測があることをご存じだろうか。私たちの身近にあるさまざまなプラスチック製品。海には…

2019年05月16日デイリー版5面

海難審判日程/仙台6月分

(船名、トン数、事件名、審判官、理事官の順) 6日 モーターボートちがさき丸(2・87メートル)転覆、志村、鈴木 13日 漁船稲荷丸(19)モーターボート海遊丸1(3)衝突、杉谷、植松 2…