1ヶ月間の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

825件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし )

2020年10月29日デイリー版3面

日通 米向け航空混載、リリース内容を訂正

 日本通運は28日、22日に公表した「日本発米国南東部向けのハイスピード航空混載サービス『NEX―SPEED 超速!アトランタ』発売開始」の一部内容を訂正すると発表した。アトランタ空港至近で「日系フォ…

2020年10月29日デイリー版3面

訃報、筒井博氏

 筒井 博氏(つつい・ひろし=日新相談役、前会長)23日死去、85歳。葬儀は近親者で執り行った。連絡先は同社秘書室(電話03・3238・6222)。 …

2020年10月29日デイリー版4面

静岡県3港、9月輸出額軒並み増。清水港、海上シフトで好転

 【中部】静岡県内3港(清水、御前崎、田子の浦)における9月の輸出額が前年同月に比べて軒並み増加したことがわかった。清水港は科学光学機器などが増えて8カ月ぶりに増加に転じた。航空輸送から海上輸送へのシ…

2020年10月29日デイリー版4面

貿易手続きとインフラ構造改革】(58)国際ロジスティクスアドバイザー・平田義章「インフラ構造改革」(12)。港湾オペレーションの電子化(その1)

 電子化が遅れていると言われてきた港湾作業の分野だが、いま、行政の主導により新たな効率運営への基盤の構築が期待されている。今回から港湾作業とNACCS(輸出入・港湾情報処理システム)の分野に入る。…

2020年10月29日デイリー版5面

海事ウオッチャー】日本海事センター企画研究部主任研究員・森本清二郎、研究員・坂本尚繁。欧州における海運の脱炭素化に向けた研究開発動向

 〈ポイント〉◇欧州委員会は海運の脱炭素化に向けた研究開発を積極支援◇欧州では社会実装を見据えた分野横断的な連携を展開◇サプライチェーン全体に係る連携・支援の拡充が重要 1、はじめ…

2020年10月28日デイリー版1面

IMO、GHG短期対策合意。23年発効めざす

 IMO(国際海事機関)は19―23日、ウェブ形式でGHG(温室効果ガス)短期対策を審議する作業部会を開いた。この会合で、「現存船燃費性能規制(EEXI)」と「燃費実績格付制度」をパッケージ化した最終…