外航全般の最新ニュース

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

332件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2021年07月26日〜2021年10月25日 )

2021年08月03日デイリー版2面

日本郵船、不動産子会社の株式を51%譲渡

 日本郵船は2日、連結子会社である郵船不動産の株式の51%を同日付で日本郵政不動産に譲渡したと発表した。郵船不動産は持ち分法適用関連会社になる。株式譲渡により2022年3月期連結決算で、約230…

2021年08月03日デイリー版2面

新役員の横顔】商船三井執行役員技術革新本部長CTO(最高技術責任者)山口誠氏、技術開発で勝負する体制構築へ

 ■就任の抱負 4月に執行役員に就任しCTO(最高技術責任者)と技術革新本部長を担当している。技術革新本部は技術関連4部門で構成される。引き合い業務、新造船建造管理、就航船改造、ハードの技術開発を…

2021年08月03日デイリー版6面

東京MOU、船舶の復原性を検査。9月から合同CIC

 日本などアジア太平洋地域のポートステートコントロール(PSC、寄港国検査)当局で構成する東京MOUは、欧州地域のパリMOUと合同で9月1日から11月30日までの3カ月間、航行の安全に関する集中検査キ…

2021年07月30日デイリー版2面

高橋海事局長、発言要旨(1面参照)

 国土交通省の高橋一郎海事局長の会見要旨(一部抜粋)は次の通り。【造船分野への対応】 わが国造船業は長年培ってきた技術力、質の高い現場の人材など、船舶の性能、品質の良さが強みだ。一方、…

2021年07月29日デイリー版2面

英BP、マースク研参加。海運の脱炭素化へ

 英国の石油・ガス大手BPは27日、海運業界の脱炭素化に向けた研究開発に取り組むマースクゼロカーボンシッピング研究所に戦略的パートナーとして参加すると発表した。BPは船舶用の代替燃料や低炭素ソリューシ…