1ヶ月間の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

901件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし )

2020年11月26日デイリー版1面

海運各社、洋上風発に商機。郵船「道具立て整う」

 海運会社が洋上風力発電分野の取り組みを積極化している。日本郵船は洋上風力発電設備の地質調査を手掛けるオランダのフグロとの協業を発表。シンガポールの海運大手BWグループは洋上風力発電設備設置船を運航す…

2020年11月26日デイリー版1面

インタビュー 船舶投融資の新潮流】アンカー・シップ・パートナーズ社長 篠田哲郎氏、ESG軸に5000億円ファンド

 船舶投資ファンドを運営するアンカー・シップ・パートナーズ(本社・東京都)が5000億円規模を目指した5号ファンドを検討している。今回は新しくESG(環境・社会・企業統治)に重点を置いた投融資をテーマ…

2020年11月26日デイリー版2面

J―ENG、NBP向け主機 陸上公試が完了

 ジャパンエンジンコーポレーション(J―ENG)は24日、低圧SCR(選択触媒還元脱硝)システムを搭載した「6UEC35LSE―Eco―B2―SCR」型機関の陸上公試・開放検査が完了したと発表した。同…

2020年11月26日デイリー版2面

ジャパンマリンユナイテッド、会社人事

 ジャパンマリンユナイテッド (12月1日)企画管理本部スタッフ、参与(企画管理本部人事部長兼人事部人材開発グループ長)丸山裕弘▽企画管理本部人事部長(企画管理本部人事部労政グループ長)小山功…

2020年11月26日デイリー版3面

東京都、東京港の港湾施設など、指定管理者を内定

 東京都港湾局はこのほど、東京港の客船ターミナルや海上公園、都営空港施設などについて来年度からの指定管理者を内定した。年度内に議会の同意を得て指定を行う。このうち晴海、有明、青海の各客船ターミナ…