1ヶ月間の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

825件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし )

2020年10月29日デイリー版1面

海事局長、GHG50年ゼロ目標。ゼロエミ船導入に注力

 国土交通省の大坪新一郎海事局長は28日、定例会見を開き、菅義偉首相が所信表明演説でGHG(温室効果ガス)排出量を2050年までに実質ゼロにする目標を新たに打ち出したことについて「さらに気候変動対策に…

2020年10月29日デイリー版1面

JERA、エクソンと越LNG協業。FSRU導入も

 国内発電最大手JERAは28日、オイルメジャーの米エクソンモービルとベトナム北部ハイフォン市でのLNG(液化天然ガス)バリューチェーンプロジェクトでの協業の覚書を締結したと発表した。JERAは計画の…

2020年10月29日デイリー版2面

現代重工グループ、VLCCなど計3隻を成約

 韓国造船最大手の現代重工業グループが受注を積み上げている。複数の現地報道によると、グループの造船持ち株会社の韓国造船海洋はアフリカ船主と欧州船主から、VLCC(大型原油タンカー)2隻と5万重量トン型…

2020年10月29日デイリー版2面

内海造船、建造RORO船5隻、内航格付け5つ星取得

 内海造船は26日、同社が建造したRORO船5隻が国土交通省から内航船省エネルギー格付け制度の最高評価5つ星を獲得したと発表した。5隻は、過去のデータを基にした基準値よりも改善率20%以上を達成した。…

2020年10月29日デイリー版2面

市況2020】カムサ復調 1.1万ドル超。日本向け石炭堅調

 8万重量トン級カムサマックスバルカーのスポット用船市況がじわじわ回復している。足元の主要航路平均値は日建て1万1653ドルと続伸した。日本向け石炭輸送が想定より堅調という。ただ、新鋭船の損益分岐点と…

2020年10月29日デイリー版2面

海事局長会見要旨(1面参照)

 国土交通省の大坪新一郎海事局長の会見要旨は次の通り。【国内クルーズ船の運航再開】 このほど、クルーズの安心安全の確保に係る検討の中間取りまとめを公表した。日本外航客船協会、日本港湾協会から…

2020年10月29日デイリー版2面

日舶工、海事行政研修会、次世代会で開催

 日本舶用工業会の次世代会(舶用次世代経営者等会議)はこのほど、第55回会合として「海事行政研修会」をオンライン形式との併用で開いた。国土交通省海事関係部局の室長クラスを招いて実施。次世代会メンバーの…