造船/舶用の海運ニュース

日本および中国・韓国など海外の造船所の新造船受注・竣工・進水、設備投資や新技術の開発。舶用メーカーの事業、新製品やサービス紹介など関連ニュース

カテゴリー
キーワード

104件の記事が見つかりました ( 造船/舶用カテゴリ / キーワード指定なし / 2019年09月22日〜2019年10月21日 )

2019年10月21日デイリー版1面

インタビュー 新時代の造船営業戦略】(7):サノヤスホールディングス社長・上田孝氏。多角化で造船守る(その1)

■厳しい受注環境 --新造船マーケットの現状について。「想定通りという印象だ。社長就任当初から指摘しているが、建造能力と船腹の2つの過剰問題によって、供給過多に陥り、新造船マーケットを押し下…

2019年10月21日デイリー版2面

日舶工、舶用マイスター新たに23人誕生

 日本舶用工業会は17日、東京都内で2019年度の舶用マイスター認定証交付式と祝賀会を開いた。今年度は20社23人が認定された。23人を代表して謝辞を述べたBEMACの武田定氏は「熟練者の知識をIoT…

2019年10月21日デイリー版2面

日本海曳船、新造タグボート竣工。新潟造船が建造

 日本海曳船(本社・新潟市、水野雄司社長)は17日、新潟造船新潟工場(新潟市)で建造していたタグボート「朱鷺丸」が竣工し、引き渡されたと発表した。360度回転可能な新潟原動機(現IHI原動機)製Zペラ…

2019年10月18日デイリー版2面

台風19号】NK、被災地に500万円

 日本海事協会(NK)は17日、台風19号の被災者救援や被災地の復興に役立ててもらうため、義援金500万円の拠出を決定したと発表した。拠出先は日本赤十字社。 …

2019年10月18日デイリー版4面

古野電気、19年3―8月期、営業益37%減

 古野電気の2019年3-8月期連結決算は、営業利益が22億円と前年同期比37%減だった。主力の舶用事業は新造商船向けの売り上げが日本とアジアを中心に伸びた一方、欧州では円高の影響もあり減少となった。…

2019年10月17日デイリー版2面

MODEC、FPSOの受注内定。16基目。ペトロブラス向け

 三井海洋開発(MODEC)は16日、FPSO(浮体式石油生産・貯蔵・積み出し設備)1基の建造・チャーター契約の発注内示書をブラジル国営石油会社ペトロブラスから受領したと発表した。同FPSOは、ブラジ…

2019年10月17日デイリー版2面

川崎重工、浮体式LNG発電、CCPPでも基本承認

 川崎重工業は16日、自社製ガスタービンコンバインドサイクル発電設備を搭載した浮体式LNG(液化天然ガス)発電プラント(CCPP)が、欧州船級協会DNV-GLから設計基本承認(AIP)を取得したと発表…

2019年10月17日デイリー版2面

サムスン重工、1―9月受注11%減。9月の成約ゼロ

 韓国造船大手サムスン重工業の1-9月の受注高は前年同期比11%減の42億ドルだった。年初からLNG(液化天然ガス)船、タンカーを中心に毎月受注を重ねてきたが、9月単月の受注はゼロだった。8月にタンカ…

2019年10月16日デイリー版1面

e5ラボ、水素燃料電池搭載タグ開発。22年商用運航へ

 旭タンカーとエクセノヤマミズ、商船三井、三菱商事の4社による共同出資会社「e5ラボ」(イーファイブラボ)と東京汽船は15日、リチウムイオン蓄電池と水素燃料電池を併用した電気推進ハーバータグボート(港…