造船/舶用の最新ニュース

日本および中国・韓国など海外の造船所の新造船受注・竣工・進水、設備投資や新技術の開発。舶用メーカーの事業、新製品やサービス紹介など関連ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

345件の記事が見つかりました ( 造船/舶用カテゴリ / キーワード指定なし / 2020年02月26日〜2020年05月25日 )

2020年05月25日デイリー版2面

独で防衛専業造船統合。艦艇ヤードの集約進む

 世界的に艦艇ヤードの集約が進んでいる。造船市場が停滞する中、安定的な需要がある防衛分野でも受注競争が激しさを増しており、リソースを集中することで技術と雇用の維持を図る。ドイツでは今月、ドイツ海軍艦艇…

2020年05月25日デイリー版2面

大宇造船海洋、FSRU1基受注。中米船主から3.3億ドル

 韓国造船大手の大宇造船海洋は21日、超大型のFSRU(浮体式LNG〈液化天然ガス〉貯蔵・再ガス化設備)1基を受注したと証券取引所に告示した。発注者は中米地域船主としており、詳細は明らかにしていない。…

2020年05月25日デイリー版2面

三菱造船、新社長に北村氏

 三菱造船は22日、新社長に北村徹取締役常務執行役員=写真=が昇格する人事を決めたと発表した。6月25日付で就任する。大倉浩治社長は退任し、6月26日付で三菱重工業の取締役(監査等委員である取締役)に…

2020年05月22日デイリー版1面

e5コンソーシアム設立、EV船実現へ加速

 商船三井と旭タンカーなどが出資する「e5ラボ」が企画・デザインした、499総トン型ゼロエミッション電気推進船(EV船)「e5タンカー」の建造プロジェクトが本格化する中、同船の運航に必要なインフラの整…

2020年05月22日デイリー版2面

現代重工、VLCC2隻受注。1隻8900万ドル規模

 韓国造船最大手の現代重工業は21日、30万重量トン級のVLCC(大型原油タンカー)2隻を受注したと発表した。発注者は欧州船主。詳細は明らかにしていない。受注額は2隻合計2200億ウォン(約1億790…

2020年05月21日デイリー版1面

新来島どっく、防衛省から初受注。油槽船2隻

 新来島どっくは19日、防衛省が2019年度予算で建造を決めた内航タンカーをベースとする4900トン型油槽船(YOT)2隻を受注したと発表した。同社が防衛省向けの船舶を建造するのは初めて。建造ヤードは…

2020年05月21日デイリー版2面

国内初のLNG燃料フェリー、バルチラ、DF機関供給

 欧州舶用メーカーのバルチラは19日、商船三井が三菱造船に発注した日本で初めてLNG(液化天然ガス)燃料を使用するフェリーに、デュアルフューエル(2元燃料)タイプの4ストロークエンジン「バルチラ31D…

2020年05月21日デイリー版2面

竣工】JMU横浜、1000トン型巡視船「つるが」

 ■JMU横浜 1000トン型巡視船「つるが」 ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は15日、横浜事業所磯子工場(横浜市)で建造していた海上保安庁向け1000トン型巡視船「つるが」=写真=を引き渡…