航空貨物の記事一覧

カテゴリー
キーワード
日付

46件の記事が見つかりました ( 航空貨物カテゴリ / キーワード指定なし / 期間指定なし )

2018年07月19日デイリー版1面

インタビュー 航空貨物 今後の舵取り】全日本空輸上席執行役員貨物事業室長兼ANAカーゴ社長・外山俊明氏/弾力的な生産体制構築(その1)

 ANAホールディングスは今年2月、「2018-22年度ANAグループ中期経営戦略」を策定した。貨物事業ではアジア-北米間に大型フレーター(貨物専用機)を導入するほか、沖縄貨物ハブのネットワーク再構築を掲げる。全日本空輸(ANA)上席執行役員貨物事業室長(ANAカーゴ社長兼務)の外山俊明氏に、新中計の狙いと今年度の見通しについて聞いた。(聞き手 佐々木マヤ、岬洋平) ■北米線に大型機 --新中計での貨物事業の位置…

2018年07月18日デイリー版3面

近鉄エクス/印グルガオンに新倉庫オープン

 近鉄エクスプレスは17日、インド現地法人近鉄ワールド・エクスプレス(インディア)がインドのハリヤナ州グルガオン(現グルグラム)地区に「グルガオン倉庫」(倉庫面積1859平方メートル、写真)を開設したと発表した。国内貨物の保管、配送、仕分け作業、流通加工、コンテナのデバンニング作業などを行う。6月15日に開業した。…

2018年07月13日デイリー版3面

ANAカーゴ/国内貨物専用ボックス、全空港で運用開始 

 ANAカーゴは9日から国内線貨物・郵便専用輸送容器「ANAミディアムボックス」の運用を開始した。より高品質なサービス提供と定時性の向上を目的とする。貨物を取り扱う国内全空港で使用できるほか、フレーター(貨物専用機)を除く全便に搭載が可能。…

2018年07月09日デイリー版1面

インタビュー 航空貨物 回顧と展望】日本航空執行役員貨物郵便本部長・岩越宏雄氏/Aチャーター、収入底上げ(その1) 

 日本航空(JAL)は2017年度、国際貨物が売上高・重量共に前年比2桁のプラスと好調に推移した。一方、国内貨物では今期、国内需要の創出に取り組む。日本航空執行役員貨物郵便本部長の岩越宏雄氏に、17年の回顧と今後の展望について聞いた。(聞き手 佐々木マヤ) --まず、17年度を振り返って…

これ以前の記事(該当14195件)は表示されません。
以前の記事はマリナビ(有料)でのみご覧いただけます。

※ マリナビは海事新聞電子版の上位版です。全記事の他、海事・物流に関する有料な情報が利用できます。

マリナビのご登録はこちら