4月26日(金)に日本郵船本社で開かれた社長交代会見の模様を動画でご覧いただけます。

航空貨物の記事一覧

カテゴリー
キーワード
日付

33件の記事が見つかりました ( 航空貨物カテゴリ / キーワード指定なし / 期間指定なし )

2019年05月15日デイリー版5面

JAFAまとめ/2018年度日本発航空貨物、11年ぶり120万トン超。リーマン後の最高重量、2年連続で更新

 航空貨物運送協会(JAFA)がまとめた2018年度(18年4月-19年3月)の日本発着の国際航空貨物実績は輸出重量が前の年度比4%増の121万トンと3年連続で増加した。120万トン超えは07年度(132万トン)以来11年ぶりで、リーマン・ショック後の最高重量を2年連続で更新した。一方、輸入件数(通関ベース)は0・4%減の244万件と3年ぶりにマイナス。台風21号による関西国際空港への被害の影響で…

2019年05月14日デイリー版3面

KWE/リテール関連を強化。新中計、FW事業に注力

 近鉄エクスプレス(KWE)の鳥居伸年社長らは10日、東京都内で会見し、新中期経営計画と長期ビジョンの概要について説明した。2019-21年度の中計では、APLロジスティクス(APLL)と連携しリテール関連を強化するほか、オペレーション効率の向上を図る。長期ビジョンでは、KWEとして主力のフォワーディング(FW)に注力する姿勢を強調。スローガンとして売上高1兆円、営業利益500億円を掲げる。…

2019年05月10日デイリー版3面

日本航空/宏遠グループと合弁。中国向け越境ECで

 日本航空(JAL)は8日、越境EC(電子商取引)物流を手掛ける宏遠(ホンユエン)グループホールディングス(本社・中国・北京市、陳遠会長兼最高経営責任者〈以下、宏遠グループHD〉)と共同出資会社を設立することで合意した。日本から中国への越境ECビジネスの商流構築をサポートするとともに、中国の購入者に商品を空輸する国際輸送プラットフォームを提供する。共同出資会社の名称は「JAL宏遠」で、7月1…

これ以前の記事(該当14574件)は表示されません。
以前の記事はマリナビ(有料)でのみご覧いただけます。

※ マリナビは海事新聞電子版の上位版です。全記事の他、海事・物流に関する有料な情報が利用できます。

マリナビのご登録はこちら