告知の記事一覧

カテゴリー
キーワード
日付

66件の記事が見つかりました ( 告知カテゴリ / キーワード指定なし / 期間指定なし )

2018年07月19日デイリー版6面

社内報・会報】「港湾災防」7月号

 ■港湾災防 7月号(港湾貨物運送事業労働災害防止協会) 巻頭は、6月13日開催の2018年度「第1回理事会・通常総代会」の模様と、厚生労働大臣功績賞受賞者の紹介、各地区安全衛生セミナーの開催予定…

2018年07月18日デイリー版6面

初入港】博多港/「ACACIA TAURUS」

 ☆ACACIA TAURUS(5,658総トン、日中航路投入の607TEU積みコンテナ船、運航船社=瑞洋海運〈スター・オーシャン・マリン〉、船舶代理店=博多港運) 10日、博多港へ 初入港を記念…

2018年07月18日デイリー版6面

本だな】世界の艦船・7月号増刊「海上自衛隊 2018-2019」/艦艇から航空機まで全て紹介

 先の西日本豪雨など近年頻発する災害に対して、人命救助から行方不明者の捜索まで黙々とその任務を遂行してきた様子が記憶に新しい海上自衛隊。海運関係では、海外での海賊に対する警備警戒行動などでも、その注目度は増している。海自が保有・運用する各種艦艇から航空機、装備などその全容を網羅したのが本書だ。…

2018年07月18日デイリー版6面

社内報・会報】「マリンエンジニア」7月号

 ■マリンエンジニア 7月号(日本船舶機関士協会) 巻頭言は「人工知能(AI)と戦えますか」。を掲載。英訳を併記した機関故障例は「主機関電子制御ICU(Injection Control Unit…

2018年07月18日デイリー版6面

社内報・会報】「船員ほけん」7・8月号

 ■船員ほけん 7・8月号(船員保険会) 巻頭特集は「サンマ漁船『第一榮久丸』を訪ねて」と題し、今野水産(宮城県石巻市)の業務に焦点。近年、漁獲量の推移など話題の多いサンマ漁業の現場の声を写真付き…

2018年07月18日デイリー版6面

社内報・会報】「月報Captain」第445号

 ■月報Captain 第445号(日本船長協会) 冒頭は第60回定時総会報告。「子供達に海と船を語る」では、奈良県立青翔中学校・高等学校などで行った講演を掲載する。「IFSMA(国際船長協会連盟…

2018年07月12日デイリー版6面

名古屋港/人気の海上見学ツアー、8月31日親子限定で追加実施 

 名古屋港管理組合は、8月31日に親子限定で追加開催する「みなと体験ツアー2018」の参加者を募集している。同ツアーは、港務艇「ぽーとおぶなごや2」(158総トン)に乗船し、海上から大型船舶や巨大クレーンによる荷役、広大な製鉄所や自動車積み出し基地などを見学する。4月から開催し、好評を博しているため、追加実施を決めた。…

2018年07月10日デイリー版5面

この一冊】「『ふるさと東京』再生」関口雄三著/自然環境を取り戻し共生 

 著者は東京都江戸川区葛西に生まれ、「江戸前の海」に触れながら自立心を育んだ。建築家として実績を残す中で、「人が働き生活をする豊かさの根本は何であるか」を常に自身に問い掛け、たどり着いた答えが「自然環境を取り戻し、共生していくことが、現代社会が抱えるあらゆる問題の解決につながる」。…

2018年07月10日デイリー版6面

神戸港花火大会/ONEカラー一色に!。8月4日 

 今年の神戸港花火大会は「ONEカラー」一色に-。みなと神戸の夏の風物詩となった「みなとこうべ海上花火大会」。今年も8月4日にメリケンパーク沖合で開催されるが、その大会スタッフ用にマゼンタ色をベースにしたTシャツとキャップが制作された=写真。…

これ以前の記事(該当20494件)は表示されません。
以前の記事はマリナビ(有料)でのみご覧いただけます。

※ マリナビは海事新聞電子版の上位版です。全記事の他、海事・物流に関する有料な情報が利用できます。

マリナビのご登録はこちら