2019年04月22日の記事一覧

カテゴリー
キーワード
日付

46件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 期間指定なし )

2019年04月22日デイリー版1面

出光タンカー/「アポロ・エナジー」竣工。VLCC船隊14隻に

 出光興産は18日、名村造船所・伊万里事業所(佐賀県)で17日に、最新鋭のVLCC(大型原油タンカー)「アポロ・エナジー」の竣工式が開催されたと発表した。出光興産子会社、出光タンカーのVLCC船隊は14隻(管理船5隻、定期用船9隻)になった。竣工・命名式には、出光興産の木藤俊一社長、名村造船所の名村建介社長ら関係者が出席した。新造船は出光興産の100%子会社である出光タンカーが、201…

2019年04月22日デイリー版1面

国交省海事局/モーダルシフト推進へ。情報検索システム、今夏にも本格運用。今年度から新たな表彰制度も

 国土交通省海事局は今夏ごろから、RORO船や旅客フェリー、内航コンテナ船などのモーダルシフト船の運航情報などの一括情報検索システムの本格運用を始める。システム本格運用開始後は、利用者向けPRや参加船社の増加のための方策(インセンティブ)などの活用策を進める。モーダルシフト推進に向けて取り組む「海運モーダルシフト大賞制度」については今年度から実施する方針だ。こうした方針は国交省が3月27日に…

2019年04月22日デイリー版1面

山口FG/広島で初の「海事交流会」。関係者ら300人超参加

  山口フィナンシャルグループは19日、広島市内のANAクラウンプラザホテル広島で「第1回山口フィナンシャルグループ海事交流会」を開催した。来賓として日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社のほか、今治造船が招かれ、一般参加では船主、商社、舶用メーカー関係者ら300人超が参加した。 冒頭、山口フィナンシャルの吉村猛社長があいさつ。同社がここ数年、海事関連への融資を伸ばしてきたことを説明した…

2019年04月22日デイリー版2面

三井海洋開発/FLNG移設、係留関連工事を完了

 三井海洋開発(MODEC)は18日、米国法人のSOFECがマレーシアの国営石油会社であるペトロナスの子会社から受注していたFLNG(浮体式LNG〈液化天然ガス〉生産・貯蔵設備)移設に伴う係留設備関連工事が完了したと発表した。この工事は、2016年12月にFLNGとして世界で初めてLNGの生産を開始したペトロナスの「PFLNG SATU」を、マレーシア・サラワク州沖合から同国サバ州沖合のガス…

2019年04月22日デイリー版2面

強制水先検討会/川崎港、緩和見送り。海難発生時の影響大きく

 国土交通省が設置した「横浜川崎区の強制水先に関する検討会」(座長=落合誠一・東京大学名誉教授)は19日、川崎港の強制水先対象船(現行3000総トン以上)について、「規制緩和は行わないことが適当である」との結論を示した。港の状況から海難発生時の二次災害の影響が大きいことや、関係者のヒアリングで安全性を優先するべきとの意見があった。横浜港では2015年、強制水先の対象船を従来の総トン数3000…

これ以前の記事(該当46件)は表示されません。
以前の記事はマリナビ(有料)でのみご覧いただけます。

※ マリナビは海事新聞電子版の上位版です。全記事の他、海事・物流に関する有料な情報が利用できます。

マリナビのご登録はこちら