4月26日(金)に日本郵船本社で開かれた社長交代会見の模様を動画でご覧いただけます。

内航/フェリーの記事一覧

カテゴリー
キーワード
日付

52件の記事が見つかりました ( 内航/フェリーカテゴリ / キーワード指定なし / 期間指定なし )

2019年05月21日デイリー版1面

インタビュー】商船三井フェリー社長・大江明生氏:東京-苅田航路、サービス改編/高速・定時に大量輸送

 関東と北海道、九州を結ぶ国内定期航路サービスを提供している商船三井フェリー。今年2月、東京-苅田(福岡県)RORO船航路へ純増となる1万2000総トン型の新造船「ぶぜん」を投入し、運航隻数を3隻に増やしデイリー運航(日曜日を除く週6便)を開始した。今月17日からは「ぶぜん」と同型の代替新造船「すおう」も就航し、定時運航サービスも始まった。サービスを改編した同航路をどのように生かすか大江明生社長に…

2019年05月21日デイリー版2面

海事振興連盟/丸亀タウンミーティング、造船人材育成など決議

 海事振興連盟(会長・衛藤征士郎衆院議員)は18日、香川県丸亀市で開いたタウンミーティングで、離島航路をはじめ旅客航路の維持・活性化や造船業の人材育成の充実、「海の日」固定化などを盛り込んだ決議を採択した。衛藤会長は「来年1月に迫ったSOX(硫黄酸化物)規制強化をはじめ、市場をゆがめる韓国政府による自国造船業への支援、税制といった問題がある。みなさんの意見を聞き、しっかりと対応していきたい」…

2019年05月21日デイリー版3面

帆船日本丸活用促進委/横浜市に寄付金贈呈。上野委員長から林市長へ

 帆船日本丸保存活用促進委員会(委員長=上野孝・横浜商工会議所会頭)は、国の重要文化財「帆船日本丸」(2、278総トン)の大規模修繕工事を行うに当たって、市民や企業から集まった募金2000万円を横浜市に贈呈した。贈呈式は20日に横浜市役所で行われ、上野委員長から林文子横浜市長に目録が手渡された。上野委員長は「帆船日本丸は私たちにとって大切な財産。一般の企業・市民とも協力することが必要だと考え…

2019年05月20日デイリー版2面

商船三井フェリー/「すおう」就航。東京―苅田新サービス本格化

商船三井フェリーは17日、新造RORO船「すおう」(南日本造船大在工場で建造)が同日から東京-苅田(福岡県)航路に就航したと発表した。同船の就航により、東京-苅田航路で3隻体制によるデイリー・定時発着の新サービス(日曜を除く週6便)を本格的に開始した。直行運航で両港間は従来より約7時間短縮した25・5時間で結ばれる。 同社は「デイリー化・高速化・定時化を確立し、安定的な3日目配送を可能に…

2019年05月20日デイリー版6面

フェリーさんふらわあ/G20サミット控え自主警備訓練。テロ対処・制圧法など学ぶ。大阪南港で

 第五管区海上保安本部と大阪フェリー協会、フェリーさんふらわあは16日、大阪・南港のさんふらわあターミナルで自主警備推進訓練を行った。6月下旬に開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を前に、さんふらわあの乗組員やスタッフがテロ防止に向けた対処や制圧訓練などを学んだ。訓練ではまず、五管警備救難部警備課の担当者から、テロの傾向や防止に向けた対応などについて説明を受けた。担当者は近年、人…

2019年05月20日デイリー版6面

大阪フェリー協会/HP刷新、3船社4航路を案内。イメージキャラも登場

 大阪フェリー協会が4月下旬にホームページを刷新し、好評を博している。大阪南港に寄港している3船社4航路を分かりやすく案内するとともに、スマートフォンやタブレットからの閲覧にも対応した。画面にはイメージキャラクターも掲示するなど、親しみやすい内容となっている。近年、大阪南港発着のフェリーに相次ぎ新造船が投入されているほか、各船社のホームページも使い勝手が向上していることなどを踏まえ、同協会で…

2019年05月17日デイリー版1面

商船三井フェリー/新造RORO船「すおう」お披露目。東京―苅田きょう就航

 商船三井フェリーは16日、苅田港(福岡県苅田町)で東京―苅田RORO船航路に17日から就航する新造船「すおう」(11,675総トン)の見学会を同社顧客など関係者を対象に開いた。同船は春山海運(本社・愛媛県今治市)の所有船で、今治造船グループの南日本造船大在工場(大分県)で建造され、15日に引き渡された。同船はこれまで苅田航路で運航されていた「みやこ丸」(8,015総トン)の新造代替船。17…

2019年05月15日デイリー版2面

フェリーさんふらわあ/昼の瀬戸内クルーズ、志布志航路の新造船「きりしま」で

 フェリーさんふらわあは12日から13日にかけて、瀬戸内の島々の風景などを昼間に堪能できる「限定航海・昼の瀬戸内感動クルーズ」を大阪南港発志布志(鹿児島県)行きで実施した。今回は同社設立10周年を記念し、昨年25年ぶりに大阪-志布志航路へ就航した新造船「さんふらわあ きりしま」(13、659総トン、2018年9月15日就航)で行われ、全国から320人が乗船。昼航海でしか見ることのできない瀬戸内の多…

2019年05月15日デイリー版6面

東海汽船/創立130周年でロゴマーク。特設サイトの開設も

 東海汽船は10日、今年11月15日に創立130周年を迎えることを記念したロゴマーク=写真=が完成したと発表した。130周年記念の特設サイトも開設した。ロゴマークのデザインは2020年6月、7月にそれぞれ就航する貨客船、高速ジェット船の船体カラーリングを手掛けている美術家の野老朝雄さんが行った。記念ロゴマークには、船にとって必要不可欠であるロープの「結び目」を表現。船の速さを表す単位のKNO…

これ以前の記事(該当17947件)は表示されません。
以前の記事はマリナビ(有料)でのみご覧いただけます。

※ マリナビは海事新聞電子版の上位版です。全記事の他、海事・物流に関する有料な情報が利用できます。

マリナビのご登録はこちら