内航/フェリーの記事一覧

カテゴリー
キーワード
日付

69件の記事が見つかりました ( 内航/フェリーカテゴリ / キーワード指定なし / 期間指定なし )

2019年06月26日デイリー版2面

海洋共育センター/船員確保・育成を体系化。19年度、海技教育機構と連携深める

 内航海運の船員不足の緩和と既存船員の技能向上、事業者の意識改革を目的とする海洋共育センター(広島県尾道市)は2019年度、主力事業の一つの船員確保・育成事業の体系化に取り組む考えだ。提携先の尾道海技学院(同)、九州海技学院(熊本県宇城市)との間の役割分担・実習内容の調整を進めるほか、集合実習訓練の訓練船の運航主体の一つである海技教育機構との連携を深めて船員確保・育成事業を標準化・高度化。質の高い…

2019年06月25日デイリー版2面

内航総連・栗林会長/SOX規制対応に重点。「混乱なく切り替えを」

 日本内航海運組合総連合会(内航総連)の栗林宏吉会長は21日、就任後初の記者会見を行った。今期重点的に取り組む課題として、来年1月のSOX(硫黄酸化物)規制強化への対応を挙げ、「業界として油の切り替えが混乱なくできるよう関連業界とも打ち合わせて取り組みたい」と強調した。その上で、「肝心の価格もまだ不明でコストの負担も一般論としては『皆で負担すべき』となるが、具体的な負担の在り方はこれからとなる」と…

2019年06月25日デイリー版2面

内航総連・栗林会長/関係者の理解・協力得ながら業界として自助努力続ける

 日本内航海運組合総連合会(内航総連)は21日の通常総会後、都内で懇親会を開いた。主催者を代表してあいさつした栗林宏吉会長は内航業界の課題として、船員の確保・育成、SOX(硫黄酸化物)規制強化への対応、船員の働き方改革の推進、内航海運暫定措置事業終了後の業界の在り方を挙げた。その上で、「内航業界は一朝一夕には解決しがたい多くの問題を抱える。諸課題に対して国土交通省、国会議員ら関係者の理解と協力を得…

2019年06月21日デイリー版2面

船整協/総会:栗林会長を再任。共有制度の充実・改善を

 船舶整備共有船主協会(船整協)は20日、都内で開いた定時総会で任期満了に伴う役員改選を行い、栗林宏吉会長(栗林商船社長)を再任した。総会後の懇親会であいさつした栗林会長は「内航海運業界の課題となっている船舶の代替建造促進を図るため、業界で定着している鉄道建設・運輸施設整備支援機構の船舶共有建造制度を積極的に活用できるよう、さらに環境整備をしていきたい」との考えを示した。栗林会長は「国内物流…

2019年06月21日デイリー版2面

全海運/総会:会長に藏本氏を選任。課題解決へ多様な意見くむ

 全国海運組合連合会(全海運)は19日夕、東京都内で通常総会を開き、任期満了に伴う役員改選を行った。その後の臨時理事会で藤井肇会長(藤光汽船社長)の後任に藏本由紀夫氏(吉祥海運社長)を選任した。全海運は通常総会後、国土交通省や内航海運業界関係者を招き、懇親会を開いた。藏本新会長は「全海運は日本内航海運組合総連合会傘下5組合の中で会員数が最大で、中小零細事業者も多く、船種も多様でさまざまな立場…

2019年06月20日デイリー版6面

近畿内航船員対策協議会/総会:若年層向けのアプローチ継続

 近畿内航船員対策協議会(会長=上窪良和・田渕海運顧問)はこのほど、近畿運輸局で2019年度総会を開いた。今年度の事業計画では、小中学校や児童養護施設への出前講座、工業・水産系高校へのアプローチ、就職セミナーなどを通じ、若年層向けの訴求を進めていく。上窪会長はあいさつで内航船の船員確保について、大手組織の平均船員年齢で下落の兆しがある半面、中小・零細船社は平均年齢が上昇していると指摘。「内航…

2019年06月19日デイリー版2面

内タン/総会:筒井会長、4期目に。市況改善へ環境づくり

 全国内航タンカー海運組合(内タン)は18日、都内で開いた通常総会後の理事会で任期満了に伴う役員改選を行い、筒井健司会長(昭和日タン社長)を再任した。筒井氏は4期目を迎える。通常総会では市況改善への環境づくり、船員の高齢化・不足化と船舶の高齢化(2つの高齢化)対策、環境・安全対策、自然災害への対応などに取り組む2019年度事業計画を決めた。役員人事では筒井会長の続投のほか、副会長の田渕訓生氏…

2019年06月19日デイリー版2面

内航輸送組合/総会:後藤田会長を再任。「戦略的に課題解決を」

 【関西】全国内航輸送海運組合は18日、神戸市内で第55回通常総会と理事会を開き、任期満了に伴う役員改選で後藤田直哉会長(豊益海漕社長、写真)の続投を決めた。副会長の系井辰夫・フジトランスコーポレーション社長、榎本成男・榎本回漕店社長、岩佐道秀・神鋼物流社長の各氏も再任。このほか、所属企業の人事により野々村智範・エスオーシー物流社長を新たに監事に選任、他の役員の再任を決めた。2019年度事業…

2019年06月18日デイリー版2面

内航大型船組合/新会長に中島氏(商船三井内航社長)。「難局乗り越え」

 内航大型船輸送海運組合(大型船組合)は17日に都内で開いた通常総会と理事会で、任期満了に伴う役員改選を行い、栗林宏吉会長(栗林商船社長)の後任に中島正歳氏(商船三井内航社長)の就任を決めた。懇親会であいさつした中島新会長は「令和元年になった今年は日本内航海運組合総連合会、大型船組合にとって課題がめじろ押し。関係者からの支援なども得て、この難局を乗り越えていきたい」と抱負を語った。副会長はい…

これ以前の記事(該当18020件)は表示されません。
以前の記事はマリナビ(有料)でのみご覧いただけます。

※ マリナビは海事新聞電子版の上位版です。全記事の他、海事・物流に関する有料な情報が利用できます。

マリナビのご登録はこちら