クルーズの記事一覧

カテゴリー
キーワード
日付

33件の記事が見つかりました ( クルーズカテゴリ / キーワード指定なし / 期間指定なし )

2018年07月19日デイリー版2面

欧米クルーズ船社/LNG燃料船、27年までに26隻竣工。本紙集計、新造発注の4分の1に

 欧米大手クルーズ船社を中心に今後10年間に竣工する新造船110隻のうち、LNG(液化天然ガス)を主燃料とするフリートが全体の4分の1に近い26隻に積み上がったことが、日本海事新聞の集計で分かった。他の新造船は、2020年1月から始まる船舶燃料油のSOX(硫黄酸化物)規制強化に向け、新基準適合油またはスクラバー(排ガス浄化装置)装着で対応する模様。ただ、現時点で新造船の具体的な環境対策を公表していない船社もある。…

2018年07月17日デイリー版2面

MSCクルーズ/19年春秋、4本自主運航。「スプレンディダ」日本発着

 MSCクルーズの日本法人、MSCクルーズジャパンは13日、2019年の春と秋に自主運航する日本発着のスケジュールを発表した。春はゴールデンウイークの横浜港発着と横浜-上海の片道型を、秋は9月半ばのシルバーウイークの横浜港発着と横浜-天津の片道型の計4本を予定。これに公表済みの旅行業者チャーター分(6本)を加えると、19年は春と秋を合わせて計10本の日本発着または片道型の日本近海周遊が運航されることになる。…

2018年07月11日デイリー版2面

セレブリティ/19年も日本近海周遊。自主運航で春秋10回に拡充 

 米セレブリティクルーズ(本社・マイアミ)が2019年も、春と秋の2シーズンにわたり日本近海周遊クルーズを運航することが決まった。春は片道型と日本発着を含めて3本、秋も同じく7本の計10本を予定。投入するのは、日本の各港でもおなじみとなった「セレブリティミレニアム」(91、000総トン、乗客定員1950人)。同社が自主運航で日本発着を運航するのは、17年から3年連続となる。…

2018年07月11日デイリー版3面

急増するクルーズ船寄港/苦悩続くバース調整。港湾関係者に負担ずしり 

 国土交通省が公表した2017年の国内外のクルーズ船寄港回数は前年比37%(747回)増の2764回、このうち外国籍船は2013回で同39%(570回)増だった。しかし、この数字の裏には、少なくない港湾関係者のバース調整の苦悩が見え隠れする。右肩上がりの寄港回数の影に隠れた、いくつかの駆け引きを追った。…

2018年07月06日デイリー版2面

伊コスタ/「スメラルダ」起工。19年10月竣工、18万総トン級。初のLNG燃料船 

 伊コスタクルーズ(本社・ジェノバ)が2019年11月から営業航海に投入予定の新造船「コスタスメラルダ」(183、900総トン、乗客定員5220人)のキール・セレモニー(起工式)が4日、フィンランドの造船大手マイヤー・トゥルクで行われた。コスタ初のLNG(液化天然ガス)を主燃料とするフリートで、姉妹船も21年に就航する予定。…

2018年07月05日デイリー版7面

酒田港/晴天に映える美しい純白船。「ダイヤモンド」初寄港。酒田大獅子・山伏や甲冑武者・花笠など。多彩なイベントも 

 山形県の酒田港に1日午前7時すぎ、米プリンセスクルーズが運航する「ダイヤモンドプリンセス」(115、875総トン)が初寄港した。同船は、8泊9日の日本周遊クルーズ(横浜港発着)の最終寄港地として初めて酒田港に来航したもので、3000人近い乗船客は、加茂水族館や羽黒山などの県内観光を楽しんだという。…

2018年07月03日デイリー版6面

四日市港/見学最多8600人が大いに盛り上げる。「ダイヤモンド」初寄港 

 6月24日早朝、三重県四日市港に米プリンセスクルーズが運航する「ダイヤモンドプリンセス」が初寄港した。早朝から集まり始めた見学者が見守る中、歓迎放水で出迎えられた同船は午前7時ごろに霞ケ浦南埠頭24号岸壁に接岸。2800人を超える乗船客は、伊勢神宮や伊賀流忍者博物館、なばなの里などの県内観光を楽しんだ。…

2018年07月02日デイリー版3面

全国クルーズ活性化会議・総会/国・船社に要望書。整備予算・寄港地多様化など 

 全国クルーズ活性化会議(会長=林文子・横浜市長、以下、活性化会議)の2018年度総会が6月29日、東京・霞が関の国土交通省内で開かれた。当日は北海道から沖縄まで100人近い港湾管理者らが参集し、国とクルーズ船社に向けた要望書を含めた今年度の活動計画などの議案を可決承認した。役員改選では、林会長が再選された。…

これ以前の記事(該当12153件)は表示されません。
以前の記事はマリナビ(有料)でのみご覧いただけます。

※ マリナビは海事新聞電子版の上位版です。全記事の他、海事・物流に関する有料な情報が利用できます。

マリナビのご登録はこちら