船員支援キャンペーン
 印刷 2005年03月23日デイリー版3面

神戸地方海難審判理事所/「海王丸」座礁事故、あす海難審判開始申し立て

 【関西】独立行政法人航海訓練所の練習帆船「海王丸」(池田重樹船長、2、556総トン)が昨年10月、台風23号による強風で富山港防波堤に衝突、実習生らが負傷した事故で、神戸地方海難審判理事所は24日に海難審判開始を神戸地方海難審判庁に申し立てる。「海王丸」は台風23号を避けるため伏木富山港沖に停泊していたところ強風で走錨し防波堤に衝突、座礁し航行不能となった。船体は喫水線付近まで浸水し… 続きはログインしてください。

残り:119文字/全文:239文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む