CP_Ultra_01gradually
 印刷 2023年11月21日デイリー版4面

記者の視点/梶山有里】海運モーダルシフト推進の鍵、船員の労働環境改善が不可欠に

 政府が10月に「物流革新緊急パッケージ」を公表して以降、物流の「2024年問題」への関心が高まっている。2024年4月1日からトラックドライバーの時間外労働時間の規制が本格的に開始されるのに伴い、輸送力全般の低下が懸念される。そんな中、同緊急パッケージでは内航(フェリーやRORO船などを活用)の輸送量・輸送分担率を今後10年程度で倍増させる計画が掲げられた。貨物輸送量が著しく停滞していた2… 続きはログインしてください。

残り:1281文字/全文:1476文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む