Rightship webiner
 印刷 2022年08月08日デイリー版2面

4―6月期】名村造船所、経常損益 96億円黒字化。受注工事損失引当金大幅減

 名村造船所の2022年4―6月期連結決算は、経常損益が96億円の黒字となった。前年同期は55億円の赤字。不況時に受注した低船価船の予想収益が円安の進行で大幅改善の見込みとなり、多額の工事損失金を取り崩すことができたことなどを反映した。新造船は、環境負荷の低いLNG(液化天然ガス)を主燃料とする大型バルカー1隻を含む計11隻を成約した。売上高は、前年同期比72%増の361億円。このうち新造船… 続きはログインしてください。

残り:359文字/全文:554文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む