Rightship webiner
 印刷 2022年08月05日デイリー版3面

レイノス、独ヒルデン発LCL、CO2実質ゼロに

 独港湾・物流大手レイノスグループは4日、同国ヒルデン発の輸出LCL(海上混載)貨物輸送で排出されるCO2(二酸化炭素)を実質ゼロにすると発表した。ヒルデン発の輸出LCLの利用顧客にはカーボンニュートラルを証明する「クライメートパートナー・ラベル」を発行する。レイノスはヒルデンを中欧のLCLハブとしている。同地で独立系コンサルティング会社クライメートパートナーとカーボンニュートラル輸送の試験… 続きはログインしてください。

残り:293文字/全文:486文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む