Rightship webiner
 印刷 2022年08月05日デイリー版2面

BV、船上CCSで事業化調査。ワーコン・CSSC系と

 仏船級協会ビューローベリタス(BV)は1日、香港大手船主ワーコン、CSSC(中国船舶集団)傘下の上海斉耀環保科技と、既存船へのCCS(CO2〈二酸化炭素〉の回収・貯留)ユニット設置に関する事業化調査研究について、協力協定を締結したと発表した。2030年のCII(燃費実績格付け制度)目標を達成するのが狙い。同研究は、ワーコン船隊で運航される2種類のバルカーを対象とする。上海斉耀はワーコン船隊… 続きはログインしてください。

残り:565文字/全文:754文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む