Rightship webiner
 印刷 2022年08月05日デイリー版2面

商船三井など、風力推進船、航空宇宙工学取り入れ研究

 商船三井、商船三井テクノトレード、東海大学、三井造船昭島研究所は4日、航空宇宙工学を取り入れた船舶の風利用推進に関する共同研究を行うことで合意したと発表した。東海大学を除く3社は、風を船舶の推進力に変えGHG(温室効果ガス)排出を削減する「ISHIN船型」を共同開発。船舶の採用を進める。今回、東海大工学部航空宇宙学科の福田紘大准教授と協業することで、「ISHIN船型」に航空宇宙工学技術を取り入れ… 続きはログインしてください。

残り:328文字/全文:526文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む