Rightship webiner
 印刷 2022年08月04日デイリー版3面

日本通運、BCP対応の北米混載開発。西岸混雑回避し安定輸送

 NIPPON EXPRESSホールディングスは3日、中核事業会社日本通運が、米国西岸港湾の荷役停滞やストライキに備えたBCP(事業継続計画)対応の北米向け混載サービスを開発したと発表した。米東岸航路や欧州経由大西洋航路を利用することで西岸港湾の混雑を回避。安定したリードタイムを提供するのが狙いだ。米国では西岸の港湾混雑に起因した本船スケジュールの変更・遅延に加え、積み替えのための鉄道ターミ… 続きはログインしてください。

残り:437文字/全文:632文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む