Rightship webiner
 印刷 2022年08月04日デイリー版2面

太陽工業、NKと帆走装置開発推進。帆船型風力発電船向け

 大型幕面構造物(テント構造物)や、土木・物流資材などを手掛ける太陽工業は1日、日本海事協会(NK)に協力し、「飛行機の翼(翼断面)のような帆」を左右に傾けながら向かい風でも前進する帆技術の開発を進めていると発表した。「帆走装置」として特許を申請したほか、今月から実証実験を開始する。NKは、風を受けて進み、海水でプロペラを回して発電する船(帆船型風力発電船)の構想を持つ。同船をOEHV(オー… 続きはログインしてください。

残り:818文字/全文:1006文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む