Rightship webiner
 印刷 2022年07月29日デイリー版3面

JAL、独カーゴワンと提携。今夏にも欧州で予約開始

 日本航空(JAL)は、航空貨物のデジタル予約プラットフォーム(PF)を提供する独カーゴワンとパートナーシップを締結する。今夏にも欧州で同PFを通じた貨物スペースの予約受け付けを開始する。

 28日、カーゴワンが発表した。締結によりJALはカーゴワンを利用する欧州フォワーダー各社から、PFを通じた予約を受けることが可能となる。一方、フォワーダー各社はウェブ上でリアルタイムにJAL便の貨物スペースの検索、予約、修正、追跡ができるようになる。

 JALは新型コロナウイルス感染が拡大するなか、医療製品や日用品の輸送のため、旅客機を使用した貨物専用便を積極的に運用してきた。今後成長する医薬品やヘルスケア製品のサプライチェーンをサポートするため、2022年冬にもメインハブである成田国際空港に医薬品の適正流通基準「GDP」などに準拠した製薬専用施設を設立する予定という。

 カーゴワンは航空会社数十社と提携してPFを提供しており、利用フォワーダーは数千社に上る。今月13日には日本市場への参入を発表し、日本のフォワーダー向けにもサービス提供を開始。今回のJALの参入により、同PFでは全日本空輸、日本貨物航空を含めた邦人航空会社3社全ての貨物スペースが提供できるようになる。