Rightship webiner
 印刷 2022年07月28日デイリー版4面

三菱重工、米ボーイングとMOU。SAFなどで協力体制構築

 三菱重工業はこのほど、米ボーイングと持続可能な航空産業の実現に向けた協力体制構築で覚書(MOU)を締結した。両社は、持続可能な航空燃料「SAF」や水素、電動化、環境に配慮した素材などの分野で協業。航空産業のカーボンニュートラルに向けて有望なソリューションであるSAFについても、その実現を追求する。両社は19日、英国で開催されたファンボロー国際航空ショーでMOUに調印。協業を通して、CO2(… 続きはログインしてください。

残り:460文字/全文:654文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む