Rightship webiner
 印刷 2022年07月20日デイリー版3面

ボーイング予測、貨物機 コロナ前比80%増に。41年までに2800機

 米ボーイングはこのほど、今後20年の民間航空機市場予測(CMO)を発表した。民間航空機は渡航制限の緩和に伴う航空旅客市場の回復で、2041年までに4万1000機が新たに必要になる見通しだ。貨物機(フレーター)はEコマース(電子商取引)などの旺盛なエクスプレス貨物需要などを背景に、新型コロナウイルス禍前の19年水準から80%増の約2800機になると予測する。22年版CMOでは、航空機の新規納… 続きはログインしてください。

残り:444文字/全文:635文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む