Rightship webiner
 印刷 2022年07月01日デイリー版2面

進水】三菱重工長崎、護衛艦「やはぎ」

 ■三菱重工長崎 護衛艦「やはぎ」 三菱重工業は6月23日、長崎造船所長崎工場(長崎市)で防衛省向け3900トン型護衛艦=写真=の命名・進水式を実施した。同艦は、2020年度に発注された3900トン型護衛艦「もがみ」型の5番艦で、「やはぎ」と命名された。海上自衛隊の護衛艦は「天象、気象、山岳、河川、地方の名」を取って命名される。同艦名は、中部地方を流れる1級河川「矢作川」が由来。今後、船… 続きはログインしてください。

残り:123文字/全文:242文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む