Rightship webiner
 印刷 2022年07月01日デイリー版1面

ポシドニア2022 ギリシャ海事展】セーフバルカーズ、中古ケープに重点投資。ポストコロナ需要期待。新造は8年ぶり中国へ

 ギリシャのドライバルク船主大手セーフバルカーズのポリス・ハジオアヌ会長兼CEO(最高経営責任者)はアテネ市で日本海事新聞の取材に応じ、中国政府のポストコロナ期のインフラ投資を見据え、今後数カ月間、中古ケープサイズバルカーに重点投資する考えを示した。一方、新造船はこれまで日本での建造を続けてきたが、5月に8年ぶりに中国造船所への発注を決定。ハジオアヌ氏は中国発注の理由に船価と納期を挙げ、「日本と中… 続きはログインしてください。

残り:1634文字/全文:1832文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む