Rightship webiner
 印刷 2022年07月01日デイリー版1面

水平線】「カブソー」に向き合う

 6月21―23日にかけ海運大手3社の株主総会が開催された。経営者にとって1年に1回、株主と直接対話する「カブソー」は最大の緊張が強いられる。▼海運大手の配当が好調だからといって多岐にわたる株主の質問に気を抜くことはできない。今年の3社に共通する株主の質問はコンテナ船市況の見通し、配当政策、環境、事業戦略―に集約される。▼何より目を引いたのが3社の社長の株主に対する姿勢だ。積極的に株主から… 続きはログインしてください。

残り:159文字/全文:317文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む